平成13年5月4日釣行記録

天気最低・最高気温風力・風向波高水温
晴後曇+7℃・+13℃風力1〜3m0.5m7℃



本日の釣果の一部です!左端がクロガシラで、次に忍路ガレイ、あとは川ガレイです!釣果的には黒が1枚、マガレイが38枚、砂が3枚、川ガレイが4枚、珍魚忍路ガレイが1枚という結果でした。



こいつが忍路ガレイです! 全体的に白っぽく川ガレイ独特の体表のブツブツも激しくなく、鰭の帯もはっきりせず数もちょっと少ないです。ちなみにサイズは32pでした。



aki的にはあまりお会いしたくないカレイちゃんです! この後干し網で薫製になりました。(ごめんね川ガレイちゃん)



うんちく・・・忍路ガレイ

Platichthys stellatus × Kareius bicoloratus

 日本海側の地区に生息し、特に有名なのは忍路、ほかには留萌、知内、松島湾、金華山沖、八郎潟、新潟県などが知られている。特徴は目は体の左もしくは右に位置し体表に星形の小骨盤があること、背鰭、臀鰭および尾鰭に 黒い条紋が有ることなどで川ガレイ(沼ガレイ)に似るが条紋が短くて不鮮明であり、骨盤が小さくて疎らかで有ることで異なる。 《生態》1934年に忍路湾で捕獲され、新種忍路ガレイとして発表された。しかし石ガレイと川ガレイの雑種であることが判明した。産卵時期は2〜3月で、河口近くの浅瀬で産卵する!食味は賛否両論で、akiはちょっと食べられませんでした(やっぱりくさい)なお、銭函沖では過去に60pオーバーの記録が有るのでみなさんも是非チャレンジを!!



環境保護のため、釣り場に限らず、ゴミは持ち帰りましょう♪

空き缶はリサイクルへ♪

BACK