真カレイ

Pleuronectes herzensteini

吻はややとがり、両眼間隔に鱗が無く、側線が胸鰭上方で強く湾曲することで類似のマコガレイと区別される。無眼側の背腹両縁に通常黄色帯がある。水深100m以浅の砂泥底に住み、多毛類、甲殻類、二枚貝を食べる。産卵期は3〜6月で分離浮遊卵を産む(マコガレイは沈性粘着卵)。25〜40p。分布は中部日本以北、東シナ海中部〜渤海、朝鮮半島東岸、沿海州、千島列島、樺太に生息する。



BACK