GL工法とは

簡単に言うと、


クラシックなスジスジが入った船体の木造艇(鎧張り;クリンカー艇)を、初心者が自作することを可能にした工作の方法です。

【伝統的木造艇】
【GL工法艇】

伝統的木造艇とGL工法艇とは同じように見えますが、クリンカー艇の伝統的な作業は、素人には難しいものとされています。 初心者にも建造が容易な工法が、 GL工法です。 主な材料は合板で、驚くほど軽く丈夫なフネが出来るのです。自分で作ったクラシックボートを、自分の手で漕いだり、帆走させるという贅沢な気分を味わえます。



もう少し詳しく述べると、


これまで合板ででは丸い船体のフネを作ることはできないと理解されていたが、旧世代のクリンカー(鎧張り:外板を銅リベットで繋ぎ合わせる)構造を合板とエポキシ接着によって置き換え、クラシックな船体の自作を実現したもの。

クラシックな外見にもかかわらず、理想的なモノコック構造を形成できるのでフレーム(肋材)を必要とせず、非常に軽量。



さらに詳しい説明、


満足な美しいラウンドボトム(丸みを帯びた船底)を実現するためには片側で最低7~8枚の外板(ストレーク)をエポキシ接着剤で次々と貼り重ねる。重なりの部分(ラップ:幅は板厚により18~25ミリ)を斜めに削ってから次のストレークを接着する。このとき現れる何本もの流れるようなラインが、外観上の最大の特徴である。

市販の合板の長さは8フィート(2.4メートル)だから、15フィートを超える艇では2ヵ所スカーフ(そぎ継ぎ)しなければならない。 だから総合的にみて小型艇(14 フィート以下)に適した構造である。この程度のサイズになるとカートップで運ぶのが難しいものだが、 GL構造 のため軽く、工夫すれば単身でカートップできる。

鎧張りは「ラップストレーク(重なり合った外板の意味:米語)」と呼ばれているので、特にこの接着工法のことを「グルード・ラップストレーク( GL工法 )」と呼んで区別している。

「クリンカー」は英語でリベットしたフネという意味だから、 この新世代の工法の名称としてはふさわしくないが、日本では馴染みの言葉なので捨てがたい。