櫓(ろ)について‥‥突然 思い立って 予備実験

どーだ「ろ」?(1号櫓) 

もしかして、あれが使えないかなと思い立ちました。

カヌー用のパドルで、先が曲がったのがありますよね、J-パドル と言いましたっけ?

カナディアンカヌーなどで片舷で漕ぐとき、カヌーが曲がるのを修正しやすい言うのが売りの

とても美しいパドルです。 天然の「曲がり材」から造られています。

  

これって‥‥櫓(ろ)の代わりにならないかな (^_^)?

さっそく実験してみました(2000/08/25)。 こんな具合です。

  

 なんとなく櫓のように見えませんか?

 

 

 水面に対してパドルの角度は45度くらいでしょうか。 パドルの長さが短いので、こんな感じになりました。 漕ぎ手がスターンに座ると、もう少し櫓が水に沈みます。

 

  取り付け金具(櫓臍?)オール・ソケットで代用

 

  漕ぎにくいので金具の位置をセンター寄りに移動

 

  実験の結果は‥‥あまり芳しくありませんでした (;_;)、進むことはできますが、

 スピードは不足(;_;)、操舵性も悪い、疲れる‥‥惨憺たるありさま (^^;)

 原因を考えてみました。

 ・「ろ」が短くて、運動範囲が少ないためか、無駄が多そう。

 ・「返し」の操作が大変、グリップを握るのに疲れる~ (^^;)

 ・「ろ」の曲がりが支点の先なので、返しのたびに櫓脚(ブレード)が振れて、渦が生ずる。

 ・ブレードの幅が広すぎて(?)、効率が悪そう。

 

追加実験(2号櫓)のページへ

ろの実験topへ