追加実験レポート 4号櫓(ながいだ 「ろ」)

 全長280センチの3号櫓(こんどはどーだ「ろ」)は、操作のし易い、強度上の心配もない

それなりによくまとまった「ろ」だと思われました。 4メートルの「AD艇」にも分割して

容易に搭載できて、邪魔になりません。

 しかし、もう少し長くしたらどうなるかと興味が沸き、長さを25センチ延ばしてみました。

ついでに「ろ」の幅を5ミリ細くしました(アスペクト比が高まった)。

  

 先端部が延長されると言うことは「単に面積が増す」のみならず、前より高速で運動する

ことを意味します。 すると予期せぬ事態が起きるかも (^^;)

取り敢えず3号櫓と同じ構造で、ブレードを延ばしました。 上の画像の左上側が「4号櫓」

先端部の色が異なる右下のは「3号櫓」です。

 「ろ」は‥‥「造る」と言うより「削る」ものだと認識しました σ(^^;)

                                (2000/10/06)

  

  並べてみると、かなり長い「4号櫓」↑右舷寄りに共用の櫓腕が取り付けられていて‥‥

簡単にブレード(櫓脚)を交換できます。 「ろ」の原材料はアメリカの通信販売店「ウエストマリン」

が市販している分割式のオールです。 櫓腕と櫓脚の組み合わせをいろいろ試すことができるので

重宝しました。

この櫓腕は3号櫓で破損したとき、作り直したものをそのまま使っています。

4号櫓ではまたも強度的な不安を抱えての実験となりました。

どの時点で破壊するか?も実験では大切な要素ですから (^^;)。

 

 実験結果の感想としては‥‥

・長い櫓はやはり操船が難しい‥‥しかしすぐに慣れます。

・ストロークは重く、ヨーイングも大きい(船首が左右に振れる)が、スピードは出る。

・水面と大きな角度で「ろ」を取り付けると、速く走る。 しかし漕ぎにくい。

 櫓腕と櫓脚のジョイント部分の角度を大きくすれば、漕ぐ姿勢は改善されるだろうが

 今度は「ろ」の返しの操作で無駄が出るのではないか?(今後の検討課題)。

 

   実験と言っても、数値的な測定は難しいです。

 特に、「効率」となると‥‥素人では「入力側」の数値が測定できません。 そこで入力の値は

 山勘で自分の体力を「微」「弱」「中」「強」としてみました(。_゚)☆\パシッ(^^;

 その結果、得られるスピードを超小型GPSで測定するという、「極めて前近代的」手法と

 「かなり近代的」手法をコンビネーションして‥‥考察しました。

 この結果はこの後のページ(準備中)にまとめたいと思います‥‥いましばらくお時間をください。

 

  数値以外の感想をオールの場合と比較して述べさせていただくと‥‥

・漕ぎながら前方を余裕を持って眺めることができる。

・目線が高いので心理的に余裕がある。

・漕ぎ手の頭部が安定している。

・体全体の使い方が滑らかである。

 ‥‥などの理由からか?体力的にも精神的にもリラックスできる。

 

デメリットとしては「ヨーイング(偏揺れ)」が挙げられますが、速度を犠牲にする

程ではないと考えられます。

また「ローリング(横揺れ)」も起きますが‥‥ローリングは実は善玉なんです!(@_@;

詳しくは、次のページで述べるつもりですが、如何お考えですか? ↑

 

  とにかく‥‥うめき声が出るのが「オール漕ぎ」?

        唄が出るのが「ろ漕ぎ」?? ♪♪フ~ネは櫓まかせ、櫓は唄まかせ~

 

                   実験まとめ?のページに進む

                            前のページに戻る

ろの実験ページtopへ