婆羅さんの「櫓でカヌーを‥‥」実験レポート 続編 (New 2002/11/22)

 

   

     3.6mアウトリガー付セーリングカヌーに櫓を取り付けたところ(これらの画像は前のページと重複)。

 

 それがこの様に↓、セイリング・モデルになりました。 ちゃんと櫓が付いているところが嬉しいですね。

 

 

 

 

 

 

 

アウトリガーカヌーのセイリング・モデル。

 セイルは工事用ブルーシートで自作。

 セイル面積 4.8 平方メートル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こちらは別のセイルです 面積 5.3平方メートル

 

婆羅さんから掲示板にお知らせがありましたが、7.2メートル・カヌーの画像が届きました。

両舷アウトリガーですね、トリマラン・カヌーと言うことになります。

 

 

7.2m両舷アウトリガーカヌー  バウはするどく、船体は

細長い。メインハルデッキ最大幅 35cm 、喫水線での幅 25cm 

 この画像は櫓漕ぎモードです。

 

 

 

 

こちらはセイリング・モード

まだ舵は未完成で、櫓を舵代わりにしています。

バウはフレアー状とし、バウの浮力を15リットル

ほど稼ぎ、バウが波につっこまないようにしている。

 マスト、ブームは辻堂加工のスループディンギーの

ものを転用。

 

 

 

 

 

櫓はプラットフォームの上で漕ぐ。 

セールは工事用シート(ブルーシートと同じ)で

自作。セール面積 3平方メートル

セール、櫓 等を含めた全装備重量 約115Kg

メインハル容積 約550リットル  

フロート容積 約40リットル(片舷)

                        婆羅さんの前のページに戻る

                                 櫓のトップページに戻る