Home

GL工法

用語辞典

エポキシ

 合板

AD-scull

BBS

Link

                    AD-scull国際特許(米国・英国・NZ特許)取得 記念ページ1

    世界で初めての「前後漕ぎ」とは‥‥      2007/08/18 新刊

 AD-scull には「とても漕ぎやすい」という特徴がありました( 後で気付いたのです)。

 どれくらい漕ぎやすいか?と言うと猿でも漕げるくらい!」と実証しました。

 ここで紹介する「前後漕ぎ」では‥‥1人の漕ぎ手が両手に各1本(計2本)のAD-scull を

 扱います (@_@;  こんな事は、これまでの伝統櫓では考えられないことでしょう!

 

 ← こんな感じになります。

 「前後漕ぎ」ではこのアウトリガー・カヌーのように、漕ぎ手が

 前後のAD-scull を扱える位置に位置する必要があります。

 前後それぞれのAD-scullにはアームから前方に「早緒(スラスト・

 ロープ)」が出ていて、足許のデッキに繋がっています。

  しかし前のAD-scullには、それより前方にはデッキがない!ので

 船首から斜めに補助のロープを張り、その途中に繋ぎます(^^;)

 

  すると、2本のAD-scullは「スラスト・ロープ(早緒)」の

 張力により、とても安定して、巧く(返しの)回転が行われる

 ので、両手で簡単に2本漕げるのです \(^o^)/

 ← 漕ぎのスタイルもなかなかスマートでしょう!??

  AD-scullはもともと片手で漕げるのですが、この「前後漕ぎ」は

 その特徴をアピールするためのパフォーマンスとも言えます。

  ただし、スピードは今後の課題です (^^;)

 今のところ、↑驚異的とは言えません (。_゚)☆\パシッ(^^;

 「前後漕ぎ」のyoutube動画 はこちらでご覧ください

                                

  「前後漕ぎ」はとても楽しいですが、どんなボートでも可能とは言えません。

 このカヌーのように前後のAD-scull に両手が届かないと漕げないからです。

 もし2人の漕ぎ手が漕ぐのなら、普通のカヌーなどでも可能になるでしょう、どなたか試してください。

 

                 「AD-scull」の造り方のページへジャンプ

                     櫓の自作実験の最初のページにジャンプ

 

                                「GLラボ」編集者にメールを送る

 Home

GL工法

用語辞典

エポキシ

 合板

AD-scull

BBS

Link