S&G(ステッチ&グルー)工法
            「KAZI」誌'95年9月号「アマコン・ジャーナル」より
           
本文:土井 厚   イラスト:中澤 金四郎 無断転載禁止

S&G(ステッチ&グルー)工法:

 前記のフレーム艇では、骨組みを介して外板が接着されハルが構成されていたが、S&Gはフレームのみならず骨組みを全部取り除いたような、大胆な構造である。 合板の外板は展開図から切り出され、お互いに直接銅の針金で縫い合わせられて、ハルが形成される。このままではいかにも頼りないが、普通この状態にバルクヘッド(隔壁)を取り付けることにより正確なしっかりとした船体に変身する。 その後接合部をガラス繊維のテープ、マイクロバルーン・エポキシなどで補強、外側の針金は切り取られ(又はすべて引き抜かれ)たうえ接着、整形されて完成する。 いかに正しく展開図通りに合板を切り出すかによって精度が決まる。非常な軽量艇に仕上がるのと工作期間が驚異的に短いのが特徴である。 このため作業場の広さと占有期間に制限のある多くの自作者から(船台がいらないため工作中に立てかけたり、裏返したりできると)絶賛支持されている。 S&G艇専門の自作ブループ「S&G造船協会」の府川事務局長によれば、すべてのチャイン艇をS&G化によって更に軽量、高性能に変身させることができるとのことである。

 「ステッチ&グルー」の名称は、その工法の特徴を余すところなく表現しており、ネーミングとしても最高の傑作であると思う。

 

続く