その他の工法(1)フレーム合板艇

            「KAZI」誌'95年9月号「アマコン・ジャーナル」より
           
本文:土井 厚   イラスト:中澤 金四郎 無断転載禁止

フレーム合板プランキング工法:

 この工法だけはエポキシ時代以前からの工法が改良されたものであり、オリジナルはマリン合板とフェノール系接着剤など、技術革新による新製品により可能になった時点に開発された、、第1次新世代艇、と言うべきよく知られた木造艇構造である。この工法のおかげで広くアマチュアの自作が可能になったと考えられる。当初のこの工法では接着剤と木ネジとはお互いに補いあう関係であった。

 しかしエポキシ系接着剤による現新世代艇では(前述のとおり)プランキングに使われた木ネジなどは接着硬化までの仮止めの役目をするに過ぎなくなった。今や仕上げの邪魔になる上に、目障りだからと木ネジを接着硬化後に全部取り除いてしまうか、初めから仮クギで仮止めしながら接着するビルダーもいるくらいである。

 基本的な構造と工作方法は、フレーム何枚かを並べて配置し、これにキール材、チャイン材などを曲げ付けて骨組みを完成し、この上に合板を貼り付けるものである。設計図から骨組みを作る過程が理解しやすく、作業も簡単であり、自作の基本の工法と考えらる。多くの設計例があり、自作者が艇の選択に迷うほどである。

合板は曲げと捻りから曲面を形成するのでハル形状の自由度がある程度制限を受けものの、アマチュアによる自設計も容易である。 次で紹介する他の幾つかの構造と比較すると、まだ完全には新世代艇に移りきっていない‥‥地味だが堅実な印象を受ける工法である。

 

続く