ウィリアム・ホープ・ホジスン邦訳作品

平成29年6月4日
[ホームページ]

William Hope Hodgson(1877-1918)

英国エセックス生まれ。 13歳で船乗りを志して8年間の船員生活を送った後、ボディビル学校を開設。
保険体育に関する著述とともに、船員時代に経験した海の神秘と恐怖を題材にした数々の海洋綺譚、コズミック・ホラーの名作 The House on the Borderland などの長編、それに<幽霊狩人カーナッキ>シリーズなどの怪奇幻想小説を発表した。

第一次世界大戦では英国陸軍軍人として出征して数々の武勲を立てたが、ベルギー北西部において斥候任務中に戦死を遂げた。
我が国では、海洋綺譚中の一篇 "The Voice in the Night" が福島正実によりアレンジされ、本多猪四郎監督・円谷英二特技監督による東宝特撮映画『マタンゴ』(1963年8月11日公開)の原作となった事で有名である。


  1. 長編
  2. 幽霊狩人カーナッキ(Carnacki the Ghost-Finder)シリーズ
  3. サルガッソー海神話(Sargasso Sea Mythos)シリーズ
  4. ジャット船長(Captain Jat)シリーズ
  5. ゴールト船長(Captain Gault)シリーズ
  6. その他の中短編

長編


幽霊狩人カーナッキ(Carnacki the Ghost-Finder)シリーズ

他作家によるカーナッキ物(参考)

他作家によるカーナッキ登場作品(参考)


サルガッソー海神話(Sargasso Sea Mythos)シリーズ


ジャット船長(Captain Jat)シリーズ


ゴールト船長(Captain Gault)シリーズ


その他の中短編