赤神神社 秋田県男鹿市船川港本山門前 旧・郷社
現在の祭神 天津彦火瓊瓊杵尊・天手力男命・大山祇命・天照皇大神
本地
赤神山大権現薬師如来
赤木大明神不動明王
眼光鬼普賢菩薩
首人鬼文殊菩薩
押領鬼阿弥陀如来

「菅江真澄遊覧記」

おかのしまかぜ 赤神山大権現縁起

于茲羽州秋田郡、金城の乾坤にあたりて大嶋あり。 号て男鹿の嶋といふ。 その嶋の禿兀たる絶頂に霊神あり。 赤神山日積寺赤神山大権現と号し奉る。 彼権現の由来をくわしく尋ね奉れば、前漢高祖皇帝より六代、武帝と名附奉る。 忝くも威強叡徳にして長生延命也。 方士を遣し神仙をもとむ。 親しく霊を祀り、太一の叢祠を長安城の東南郊に立。 太一とは天神貴きもの也。 元鼎六年春正月より夏五月に到るまで遂に海上に東巡し、神仙を求て船を海上に浮め、周廻する事一万八千里なり。 群臣諌れども帰り給はず、東方朔帝を諌て帰り給ひぬ。 大清四年三月、帝泰山に幸して王母に会して、霊を求め仙を得たり。 そもそも、我朝人王第十二代景行天皇と申奉るは、文武両道に達し給ふ賢王にしておはします。 御長一丈、御力量も世にたぐひなし。 第二の皇子をば日本武尊と名奉る。 東夷征伐の為に、草薙の剣を帯して東方に発して、終に東夷を退治し上洛のとき、伊吹大明神大蛇に化して路上に横ふ。 尊飛越給ひしとき、大蛇の鰭の剣にて尊の御足をやぶる。 是によつて悩痛あり。 駿河の国千本の松原にて薨給ふ。 時御年三十歳。 [中略] 御魂は白鳥に乗て天にのぼりて、漢朝に飛渡りて赤神権現を迎来り、小鹿の嶋に影向し御座す。 時に景行帝、武内大臣を以て北陸道を察しけるに、宿禰、此山を窺ひ見るに武帝飛車にのり、白鳥に駕し赤旗に車をかざり、五色の蝙蝠御車の左右の前後を圍繞す。 五鬼を伴ひて頂に御座す。 宿禰帰り来りて此由を奏聞す。 景行帝叡聞ましまして、則皇女をもつて妃に備ふ也。 赤木大明神是也。 始め行基菩薩、捨身菩薩、知安菩薩、手づから自ら造立供養し、赤神大権現と号し奉る。 漢朝は大徳にして赤帝なるが故なり。 山を名附て赤神山といふ。 寺号は日積寺、本坊は永禅坊といふなり。 五社は則赤神山本地薬師如来、赤木大明神は不動明王、眼光鬼は普賢菩薩、首人鬼は文殊師利菩薩、押領鬼は阿弥陀如来也。 所謂五鬼とは眉間、逆頬は夫婦、 眼光鬼、首人鬼、押領鬼は兄弟三子也。
[中略]
人王五十六代清和天皇御宇貞観二年、円仁和尚勅宣をうけたまはつて小鹿本山に下向し、知人聖人の髑髏をもつて、御長一寸二分の薬師如来の像を造立供養し、瑠璃の箱に入来り、石の宝蔵に深く納て今の御殿に安置し奉る。 いはやの口にて幣帛を捧て神楽を奏す。 是によりて御幣帛嶋と号なり。 其時権現、窟の中より出現ありて託宣曰、善哉善哉和尚、吾和光同塵の利物を顕し、霊神となつて扶桑国の内を守護べし。請和尚、秘密の神道を以て吾に附せよ。 円仁、則神道内伝の秘密を以て勧請し奉る。 当山的々相承の大事也。