秋葉山本宮秋葉神社 静岡県浜松市天竜区春野町領家 旧・県社
現在の祭神 火之迦具土大神
本地 聖観音

「遠州秋葉山略縁起」

此山の本尊ハ大聖文殊菩薩の再生行基菩薩の手沢の聖観世音也。 殊さら此菩薩の利益ハ六十二おく(億)恒河沙の諸々の菩薩を礼拝供養してゑる所の福徳の利益も、此観世音一菩薩を供養して得る所の福徳もまさにひとしけれバ、なとがきぎとせらんや、 殊ニ当山の守護神正一位三尺坊大権現と申するハ、観世音菩薩のすいしやく(垂迹)ごんけ(権化)にて、広大慈悲のせいくわん(誓願)、本地観世音大士と異なる事なし。
[中略]
此神のゆらい(由来)わ本信州生れなり。 御母常に観世音を心仰し給ひしか、ある夜の夢にくわん世音ぼさつ(観世音菩薩)三十二応身のうちにて迦楼羅身を現し給ふと見て、くわいにん(懐妊)したまへ、 ほと(程)無福徳智恵の相あるやんごとなき男子誕生あれハ、御父母なゝめならす悦び給ひ、 そのかみ希有瑞にて生れ給ひし子なればとて六七歳にて出家させしかハ、大学無双のあじやり(阿闍梨)となり給ふ。 其後年月をへてのち越後国蔵王堂に十二坊あり、其第一を三尺坊といふ、その坊のあるじとなり給ふ。 此時に不動三昧の法を一七日の間に八千枚八千度[八千茎支木を焼て一座とす八千度ハ八千座也]執行し、まん(満)する明月焼香の中にくわゑんもへあがり(火焔燃え上がり)、鳥形両翼にして左右に剣索を持たる相げん(現)ぜしかバ、一法ハ成就したり我身即本尊とならんと一心にくわんねん(観念)をなしたまへば、煩悩業生死の過患を滅尽してたちまち飛行じざい(自在)神通をヱ給ふ。 しかる所へ一つの白狐生現せしかば、則白狐にのり何国にてもとゝまらん所にわれ住して度生利益もつはら(専ら)にせんとちかひたまへ(誓い給へ)、こくう(虚空)を飛行し給ひしに、今の秋葉山に白狐とゝまりしかば、爰を安住峯と極め給ふ。 其時空中に声有て、以種しゆ形遊諸国土度脱衆生の文聞へけれハ、誠ニ我ハ観世音のけげん(化現)たる事托胎の母夢と空中に音声とかれ、是符合すれば弥々うたかふ所にあらすと、みつから(自ら)本地をくわんじ給ふ。 幸此山に行基大師の安置し給ふ観世音菩薩あれハ、是を常に礼拝供養し給ふ。 其頃ハ養老二年行基開基より九十年後にて人王五十二主嵯峨天王の御宇大同四(己丑)歳の事也。 [中略] 人皇九十二主伏見院の御宇永仁二(甲午)歳八月中しゆん(旬)、本の山中に帰山ましまして神と化し給ふ。