阿須賀神社 和歌山県新宮市阿須賀町 熊野速玉大社の元・境外摂社
旧・村社
現在の祭神 熊野夫須美大神・熊野速玉大神・家津美御子大神
[合祀] 黄泉津道守命 <宮戸社>・建角美命 <八咫烏神社>
本地
阿須賀大行事大威徳明王七仏薬師
宮戸社虚空蔵菩薩

「神道集」巻第二

熊野権現事

所以に十二所権現の内に、先づ三所権現と申すは、証誠権現は、本地は阿弥陀如来なり。 両所権現の、中の御前は薬師、西の御前は観音なり。
五所王子の内に、若一王子は十一面、禅師宮も十一面、聖宮は龍樹なり。 児宮は如意輪なり。 子守宮は請観音なり。
四所明神と申すはまた、一万・十万、千手・普賢・文殊なり。 十五所は釈迦如来。飛行夜叉、米持権現は愛染王、または毘沙門とも云ふ。
那智の滝本は飛龍権現なり。 本地千手にて在り。
総道にて八十四所の王子の宮立ちたまへり。
また飛行夜叉は不動尊。
これを十二所権現とは申すなり。
新宮神蔵は毘沙門天王なり。または愛染王とも云ふ。
雷電八大金剛童子は、本地弥勒なり。
阿須賀大行事は七仏薬師なり

「両峯問答秘鈔」[LINK]

問云、初折霊卉結神籬、彼千代包何人哉。
答云、如縁起者、千代包者猟師也。 号阿須賀明神、本地大威徳明王、而本宮之常住者彼千代包末也。

「鏡谷之響」

新宮本地垂跡御名秘所霊跡事
景行天皇御宇興造次第自西始之、
第一西御前(伊弉冊尊 本地千手観音) 第二中御前(伊弉諾尊 早玉男命 本地薬師)
第三証誠殿(国常立尊 本地阿弥陀) 第四若殿(若一王子 十一面観音)
五禅師宮(国狭槌尊 本地地蔵) 六聖宮(豊斟渟尊 本地龍樹菩薩)
七児宮(泥土煮尊 本地如意輪) 八子守宮(大戸之道尊 本地正観音)
九一万十万(天忍穂耳尊 本地文殊菩薩 皇御孫尊 本地普賢菩薩) 十勧請十五所(面足尊 本地釈迦)
十一飛行夜叉(彦火火出見尊 本地不動) 十二米持金剛(鸕鷀葺不合尊 本地多門天)
後三殿(伊勢 住吉 出雲)
神蔵堂(高倉下命 本地愛染明王 天照大神 本地十一面観音)
飛鳥本社(事解男尊 本地大威徳)
稲荷大明神、徐福廟、宮戸泉道守大神(本地虚空蔵菩薩)

牛鼻大明神、榎本宇井鈴木三党之先祖の廟也、
屋倉大明神、橡樟日尊

「熊野山略記」巻第二

一、新宮本地垂迹御名秘所霊跡事
景行天皇御宇、興造次第大厦締構也、十三神殿自西始之、 一、西御前  二、中御前  三、証誠殿  四番、若殿(已上四殿各々也、皆置千木鰹木、宗廟神也) 五番、禅師 聖 児 子守(四所王子) 一殿造之  六番、一万十万 勧請十五所 飛行夜叉 米持金剛童子 五所神殿ヲ一殿五間ニ奉居之、本宮者一万十万一所御座、新宮者一万十万各別御座也、
後御社三間 伊勢(大日如来) 住吉(聖観音) 出雲大社(阿弥陀如来) 三所御座  神蔵権現 是世勧請 一所三面月輪(号三所権現)
一所神剣(本地 不動 愛染)
神蔵霊崛者、神剣在所ナリ、八葉蓮華、即神庫ノ上也、蓮華上有池、池広有習中尊大日如来、池頭有一丈二尺熊并八咫霊烏、池側有生身不動、待慈氏出世、有常燈、八葉下有崛、宝剣在此中、愛染明王垂迹也、愛染者愛菩薩(十六菩薩内也)或記云、愛染明王垂迹者、焔摩天也、可秘可秘、 坂口ニ二石有リ、宿願成就石室ト号、
飛鳥大行事、大宮、雅顕長者、本地大威徳也、 神蔵権現(飛鳥三所者長寛長者大威徳、比平符、漢司符三所也)、本地不動明王、
[中略]
天岩戸(天照大神隠高間原給時御在所也、俗号天山戸、自空中落来山云々、飛瀧権現 摩多羅神御座、天照大神御躰岩屋在之、崛中有秘水、夏冬無増減)
牛鼻大明神(不動 毘沙門)  屋倉大明神  御船嶋大明神  比平府・漢司府両将軍  飛鳥中社  伊勢 住吉 出雲大社 同東社  三狐神 榎本 宇井 鈴木母也、

一、新宮御殿奉納仮名書縁起云
[中略]
礼殿執金剛童子 本地弥勒菩薩 智証大師顕給、
湯峯金剛童子 虚空蔵菩薩 婆羅門僧正顕給、
発心門金剛童子 大白身観自在菩薩 簾乱神降伏躰也、
 此神ハ三山ニ各顕御ス者也、
湯河金剛童子 陀羅尼菩薩
石上新羅大明神 文殊 香勝大師垂迹、
 湯河石上二大明神者、新羅国神也、
地津湯金剛童子 精進波羅密菩薩
滝尻金剛童子 不空羂索 慈覚大師顕給、
切目金剛童子 義真和尚顕給 十一面観音
藤代大悲心王童子 千手垂跡、
稲葉根 稲荷大明神 新宮 阿須賀一ツ垂迹也、
飛鳥大行事 大宮 大威徳明王 六頭六面六足 為魔縁降伏也

「日本の神々 6 伊勢・志摩・伊賀・紀伊」

阿須賀神社(二河良英)

 熊野川の河口を1.3キロほど遡った西岸に、半身を水流にさらす円錐形の孤丘(標高約40メートル)がある。 当地には、秦の徐福が始皇帝の命により、不老長寿の薬を求めて東海へ船出し、ここに漂着したという伝承があり、それにちなんで近世には「蓬莱山」と名づけられた。
[中略]
 阿須賀神社(もと速玉大社の摂社で旧村社)はその南麓に南面して鎮座し、現在は熊野夫須美大神・熊野速玉大神・家津美御子大神のいわゆる「熊野三所権現」を祀っているが、これは明治初年に神格上申の際に書き改められた疑いが濃い。
 たとえば、江戸時代の『紀伊国名所図会』『熊野巡覧』に「飛鳥宮 早玉男命・事解男命相殿」とあり、『南紀神社録』には「飛鳥神社 新宮村上熊野村の中に在り、配神は事解男命、後年に至り稲荷神社及び八咫烏神社を従祀す」、また『熊野山新宮旧記』には「飛鳥神躰 第一本社 事解男命 第二社 稲荷 第三社 徐福廟 第四社 八咫烏 健角美命」と記したあと、社家の伝えとして「事解男命・早玉男命を祀るといい、土人は荒き神にて祟りありと云う」と述べ、「按ずるに愛徳山縁起に軍神阿須賀大明神、鰐を斬りて熊野大神を助け奉れること見えたれば、その功を賞して摂社に祀れるならん」云々と記している。
[中略]
 もう一つは御正体を埋納した石室で、出土した御正体は藤原末から室町時代初期頃にかけてのものであったが、御正体の図像は阿須賀神社の本地仏の大威徳明王が最も多く、他は薬師如来・十一面観音・阿弥陀如来・千手観音・聖観音・大日如来といった、いずれも熊野信仰にかかわりの深い諸仏であり、蓬莱山が古代末から中世にかけての熊野信仰の重要な霊所であったことを示している。