阿射加神社 三重県松阪市小阿坂町 式内論社(伊勢国一志郡 阿射加神社三座[並名神大])
旧・村社
現在の祭神
阿射加神社猿田彦大神・伊豆速布留神・龍天大神
摂社・大若子神社大若子命
[合祀] 天日別命 <天日別神社>・誉田別尊(応神天皇) <八幡神社>・貴船大神 <貴船神社>・素盞鳴尊 <八雲神社・津島神社>・火之迦具土神 <愛宕神社・秋葉神社>・大山祇命 <山神社>・住吉大神・宇迦之御魂神・金山彦命・菅原道真・八王子大神・不詳一座
本地
龍天大明神阿弥陀如来
祇園牛頭天王薬師如来
貴船大明神千手観音

「小阿坂邑神社旧記」

古記曰、聖武天皇御宇天平十三年(辛巳)、聖武天皇雖有伽藍建立叡慮恐神国之遺風仰行基菩薩伺其功験参籠大神宮祈請之。 于時小阿佐賀山有光明。 則其処到問曰、翁答、吾是此山住、国神伊豆速布留神也と。 行基迎御霊今小阿佐賀村に建立神社一宇。 則号龍天大明神。 児宮為守護如金庭鳳池不葺檜皮。 又建立五龍天正殿三間一宇。 丈長次相殿。 左大己貴(八尺四尺四寸)。 右(此間闕名)命神社(九尺五尺一寸)作神社例也。 本社三坐是也。 又従龍天社五十町、三渡川立三間之一鳥居例也。 又前社貴船大明神社(八尺五尺)定例。 又八大龍王一池、東方去五十間材之。 又龍天大明神為本地。行基作阿弥陀。 又祇園牛頭天皇本地作薬師。 亦貴船社為本地作十一面観音。 又宇礼志為本地作不動云云。