東金砂神社 茨城県常陸太田市天下野町 旧・郷社
現在の祭神 大己貴命・少彦名命
本地
東金砂山王権現薬師如来・釈迦如来・阿弥陀如来
白山権現十一面観音・不動明王・地蔵菩薩
熊野権現虚空蔵菩薩・千手観音・地蔵菩薩

「鎮守帳」

○東金砂山王権現社長四間一尺
横三間三尺
板葺 別当
 東清寺
 
  神体金仏釈迦座像、長一尺三寸
木仏薬師立像、長八寸五分、慈覚大師作
金仏阿弥陀  右三尊本尊也。
  拝殿長五間半
横二間
 宮中
 白山権現社
 
長五尺
横五尺
板 本尊金仏不動立像、長一尺七寸
木仏十一面観音立像、長一尺一寸
金仏地蔵菩薩立像、二寸
  熊野権現社長六尺
横五尺
板 本尊金仏千手観音立像、二寸五分
金仏虚空蔵立像、二〔寸〕三分
金仏地蔵立像、二寸
  中堂五間
四間
萱 本尊薬師立像、長五尺。
脇立月光・日光木仏立像、十二神木仏立像。
何茂作仏之由。
  多宝塔三間四面板 本尊金剛界大日金仏座像、長八寸五分
役之行者立像、長二尺三寸
  仁王門長三間半
横二間
萱 木仏仁王、長六尺二分、運慶作

「新編常陸国誌」第六巻(村落)

東金砂山王権現(東染)[LINK]

〔東金砂山王権現〕 神殿は長四間一尺、横三間三尺の板葺にて、 神体は金造釈迦座像、長一尺三寸、木像薬師立像、長八寸五分、慈覚大師作金造阿弥陀仏なり、 拝殿板葺、長五間半、横二間、 宮中に白山権現あり、神殿板葺、長五尺、横五尺、 本尊は、金造不動立像、長一尺七分、木造十一面観音立像、長一尺一寸、金造地蔵立像、長二寸なり、 熊野権現あり、神殿板葺、表六尺、横五尺、 本尊金造千手観音立像、二寸五分、金造虚空蔵立像、二寸三分、金造地蔵立像、二寸なり、 中堂あり、方五間、萱葺にて、 本尊は薬師立像、長五尺、脇立は、日光、月光の木造立像、十二神の木造立像なり、 多宝塔あり、方三間、板葺にて、 本尊は金剛界大日金造座像、長八寸五分、役行者木造立像、長二尺三寸なり、 仁王門あり、長三間半、横二間の萱葺にて、 木造仁王、長六尺二分、運慶の作なりと云ふ、 社領十二石二斗五合