発心門王子 和歌山県田辺市本宮町三越 熊野本宮大社の元・境外末社
本地 大白身菩薩

「熊野山略記」巻第二

一、新宮御殿奉納仮名書縁起云
[中略]
礼殿執金剛童子 本地弥勒菩薩 智証大師顕給、
湯峯金剛童子 虚空蔵菩薩 婆羅門僧正顕給、
発心門金剛童子 大白身観自在菩薩 簾乱神降伏躰也、
 此神ハ三山ニ各顕御ス者也

湯河金剛童子 陀羅尼菩薩
石上新羅大明神 文殊 香勝大師垂迹、
 湯河石上二大明神者、新羅国神也、
地津湯金剛童子 精進波羅密菩薩
滝尻金剛童子 不空羂索 慈覚大師顕給、
切目金剛童子 義真和尚顕給 十一面観音
藤代大悲心王童子 千手垂跡、
稲葉根 稲荷大明神 新宮 阿須賀一ツ垂迹也、
飛鳥大行事 大宮 大威徳明王 六頭六面六足 為魔縁降伏也

「大菩提山等縁起」

本宮礼殿執金剛童子(智証大師顕御躰也) 本地弥勒菩薩 右手三古取、印云々、左手開押、右足モクリ、赤色身也、
湯峯金剛童子(婆羅門僧正顕御躰) 虚空蔵菩薩垂跡 左蛇取、棒上、黄衣着、右手□取、
発心門金剛童子 大白身菩薩垂跡 左手三古印、右中指無明指甲トル、白衣着
湯河金剛童子 多羅菩薩垂跡 左手三古取、右棒モツ、赤面色、紺衣着、
石上新羅国神(智証大師語言云々) 文殊垂跡 老大臣形 右手 ス尾取、スキエホシキタリ、
地津湯童子(安恵参顕御坐) 精進波羅密菩薩 青衣着 右手ハウツク、髪巻上形川立躰也、
滝尻童子(慈覚大師参顕給) 不空羂索垂跡 黄躰童子 右剣取、左手小児ササク、
稲葉根 稲荷神形□青水干白袴着 左肩稲荷右手杖ツク、
切目金剛童子(義真和尚返了) 十一面垂跡 黒炎躰 右蓮花形棒取、左念珠モタリ、左足□右コフラヲフム、
藤代大悲心王子 千手垂跡 形童子ヒツラ、左右手取尾モツ、吉形也、

「両峯問答秘鈔」[LINK]

問云、九十九所内五体王子何哉。
答云、五体王子者、
第一之橿井(藤代也)王子(本地十一面)
第二切目王子(殊光童子云云黒炎体。本地十一面。義真和尚顕之)
第三稲葉根王子(稲荷明神。本地如意輪)
第四滝尻王子(本地不空羂索。慈覚大師参詣之時顕之)
第五発心門王子(本地大白身菩薩。福領僧正顕之)

「大和・紀伊 寺院神社大事典」

発心門王子

 猪ノ鼻王子の北東にあった王子。 熊野九十九王子の一つで猪ノ鼻王子と伏拝王子の間に位置した。 本地は大白衣(寺門伝記補録)、あるいは大白身菩薩(「熊野縁起写」仁和寺蔵)といわれる。 現在樹叢の中に「王子神社遺址」の石碑が建ち、背後の平地にある南無房堂跡とともに県指定史跡。
【発心門】  熊野の聖域に建てられた門で、「中右記」天仁2年(1109)10月25日条に、亥之鼻から発心門に入ったことがみえ、発心門は楼門ではなく「先於其前祓、是大鳥居也、参詣之人必入此門之中、遥見遣、心甚恐」と記すように大きな鳥居であった。 熊野参詣の人は大鳥居の前で潔斎して必ずこの鳥居をくぐった。
[中略]
【王子社】  発心門をくぐったところに発心門王子があった。 「後鳥羽院熊野御幸記」前掲条[建仁元年十月十五日条]に「此王子宝前殊発信心、紅葉翻風、宝殿上四五尺木無隙生、多是紅葉也」とみえる。 正中3年(1326)以前の成立とされる熊野縁起(写、仁和寺蔵)に「発心門(五体王子祓)」とあるように、発心門王子は熊野九十九王子中、五体王子の一として格別の崇敬を受けた。 しかし中世後期には他の王子社同様退転、享保年間(1716-36)にようやく再建、熊野本宮の末社となった(続風土記)。
明治40年、三里神社(本宮町伏拝)に合祀。 平成2年、旧社地に再建