天満神社 奈良県吉野郡吉野町吉野山  
現在の祭神 菅原道真
本地 十一面観音

「金峯山秘密伝」巻下

当山諸神本地異説ノ事

勝手大明神 本地多聞天。一説には大勢至菩薩。
同若宮 本地文殊師利菩薩。一説に不動明王。
子守大明神 本地地蔵。一説には阿弥陀如来。
同若宮 本地阿弥陀。
三十八所 本地千手観音。一説には十一面。秘密は胎蔵大日也。一説には金剛界三十七尊也。
金精大明神 本地金剛界大日。
佐投明神 本地地蔵菩薩。
雨師大明神 本地如意輪。醍醐寺青龍権現と同体云々。或は十一面観音。
天満(北野) 本地十一面
牛頭天王 本地薬師如来。

「金峯山創草記」

諸神本地等

金剛蔵王(過去釈迦、現在千手、未来弥勒、或云大日、或云地蔵)
役行者(不動) 義学(阿弥陀) 義賢(弥勒)
天満天神(十一面)
佐抛(地蔵)
勝手大明神(縁起云、霊鷲山辰巳護法蔵王権現、大聖文殊垂迹云々、或云得大勢、或云不動、或云毘沙門)
矢護若宮(文殊)
大南持(薬師)
八王子(十一面)
子守三所権現(僧体阿弥陀、女体地蔵、俗体十一面、或云胎蔵大日云々)
三十八所(無量寿、或云金剛界三十七尊并胎蔵大日、或子守胎蔵大日、三十八所金剛界大日、或聖観音、或云如意輪観音、或云大勢至)
若宮(文殊、或云大勢至)
牛頭(薬師)
金精大明神(霊鷲山丑寅護法阿閦仏、或云釈迦、或云金剛界微細会大日)

首藤善樹「金峯山寺史」

威徳天満宮

 威徳天満宮は蔵王堂の右脇に立つ。 吉野八所明神の一つ。 野際の鎮守社。
〔威徳天満宮の縁起〕 天慶四年(941)八月、道賢(日蔵)が笙窟で修行中絶息して冥途巡りをし、延喜帝(醍醐天皇)および大政威徳天(菅原道真の霊)に会ったという縁起(「扶桑略記」所載「道賢上人冥途記」)にちなむ社である。 この日蔵冥途巡りの説話は天神信仰の上で重要な位置を占め(北野天神縁起絵巻)、数ある天神社の中でもこの威徳天満宮が他に異なる位置にあることを示している。 「太平記」に 「冥途ニテ正ク勅ヲ承リシ事ナレバトテ、則吉野山ニ廟ヲ建、利生方便ヲ施シ給シ天神ノ社壇是也」 とあり、「吉野拾遺」に 「中にも大ゐとく天神のみやしろは、日蔵上人のめいどにて、延喜のみかどのちよくをうけたまひて、此ところにいとなませ玉へるとかや」 とあり、また「大峯山上蔵王堂勧進帳」(集成一部十三)にも 「日蔵上人も同し窟に数年、読経の功つもり、連る観行の徳熟して、蔵王権現の示現によって、天慶年中には冥途に往還し、延喜帝の勅により天満天神の社、吉野山にきつけり、これ聖廟の始也」 とある。
〔威徳天満宮の創建〕 「金峯山秘密伝」の蔵王の行法中に「山内神祇冥衆」の一つとして「天満」が記され、同書に画かれる御嶽曼荼羅にも吉野八社の一つとして「天満」があり、また別の箇所に本地は十一面とある。 また「金峯山創草記」は「諸神本地等」で、金剛蔵王・役行者のすぐ次に「天満天神 十一面」をあげている。 これから鎌倉時代には現在と同じく伽藍の鎮守として蔵王堂の脇に祀られ、金峯山信仰の上でも重要な社であった。 京都の北野天満宮の創祀は十世紀中頃であり、威徳天満宮の創祀も平安時代に遡ると思われるが明証はない。

鈴木昭英「金峰・熊野の霊山曼荼羅」

吉野曼荼羅

 なお。ここで金峰・吉野諸社の尊名、神像形姿、本地仏の一覧を掲げることにしよう。 『私聚百因縁集』『金峰山秘密伝』『金峰山創草記』『小篠秘要集』『両峰問答秘鈔』『大乗院寺社雑記』長享二年二月二十四日条、及び金峰・吉野の諸神を描写した鏡像・懸仏や吉野曼荼羅などを全体的に照合して作成した。 本地仏の異説の多いのに驚かされる。

  神名 神像姿 本地
蔵王堂 蔵王権現 夜叉形 〔過去〕釈迦・〔現在〕千手観音・〔未来〕弥勒(または大日、あるいは地蔵)
上宮 子守三所権現 僧体 阿弥陀
女体 地蔵
俗体 十一面観音(または胎蔵界大日)
若宮姫明神 女体 阿弥陀
三十八所 俗体 千手観音
率川 女体 十一面観音
下宮 勝手大明神 夜叉形 毘沙門天(あるいは文殊、あるいは得大勢至、不動)
矢護若宮 童子形 文殊
末社 金精大明神 俗体 金剛界微細会大日(あるいは釈迦、あるいは阿閦仏)
牛頭天王 夜叉形 薬師
八王子 俗体 十一面観音(または地蔵)
大南持 俗体 薬師
雨師 俗体 如意輪観音(あるいは十一面観音)
佐抛明神 俗体 地蔵
天満天神 俗体 十一面観音