厳島神社 広島県廿日市市宮島町 式内社(安芸国佐伯郡 伊都伎嶋神社[名神大])
安芸国一宮
旧・官幣中社
現在の祭神
厳島神社市杵嶋姫命・田心姫命・湍津姫命
[配祀] 玉留魂神・天照大神・素盞嗚尊・国常立尊・高皇産霊尊・神皇産霊尊・生魂神・足魂神・大宮比売神・御饌津神・事代主神・軻遇突智神・埴山姫神・保食神・稚産霊神・倉稲魂神・豊磐窓神・奇磐窓神・埴安神・金山彦神・猿田彦神・興津彦神・興津姫神・罔象女神・天村雲神・屋船句句廼馳神・屋船豊宇気姫神・八十枉津日神・神直日神・大直日神・底津海童命・中津海童命・表津海童命・底筒男命・中筒男命・表筒男命
摂社・客神社天忍穂耳命・活津彦根命・天穂日命・天津彦根命・熊野樟日命
本地
厳島大明神十一面観音
(各別)大宮胎蔵界大日如来・阿弥陀如来・十一面観音・普賢菩薩・弥勒菩薩・虚空蔵菩薩
客人宮毘沙門天・不動明王・釈迦如来・薬師如来・地蔵菩薩
滝御前千手観音
聖御前不動明王

「渓嵐拾葉集」巻第三十七(弁財天縁起 末)

日本国独胡形事

厳島者、胎蔵界大日如来也。 故以妻女為眷属也云々

「源平盛衰記」巻第十三

入道信厳島并垂迹事

そもそも厳島明神と申すは、推古天皇御宇、癸丑端正五年十一月十二日、内舎人佐伯鞍職と云ふ者、網鉤恩賀の為に、島の辺に経回しけるに、西方より紅の帆挙げたる船見え来る。 船中に瓶あり。 瓶の内に鋒を立て、赤幣を付たり。 瓶の内に三人の貴女あり。 其形端厳にして人類に同からず。 託宣して云、吾百王守護の為に本所を離れて王城に近づく、御宝殿並に廻廊百八十間造立して、我を厳島大明神と崇ぶべしと宣へば、鞍職言く、何なる験有てか官奏を経べきと。 明神答へて云く、王城の艮の天に、客星異光有りて出現せん、公家殊に驚て怪を成すべし、時に、烏鳥多く集つて、共に榊の枝を食へんと宣ひけり。 即ち摂津国難波の王城に、俄に千万の烏、榊の枝を食へて禁裏に鳴き集る。 鞍職奏して申す、是れは大明神の現瑞也と。
[中略]
御垂跡は、天照太神之孫、娑竭羅龍王之娘也。 本地を申せば、大宮は是大日、弥陀、普賢、弥勒、中宮は、十一面観音、客人宮、仏法護持多門天。 眷属神等、釈迦、薬師、不動、地蔵也。 惣じて八幡別宮とぞ申しける。 御託宣文に云く、「法身恒寂静、清浄無二相、為度衆生故、示現大明神」、御祓の時には、必ず此の文を誦すと申す。 法性不二の色身は、寂光浄土に居すれども、和光同塵の垂跡は、巨海の流類に交れり。

「厳島御本地」

抑々厳島大明神と申奉は。 我が朝すゐこてんわう(推古天皇)の御とき(御時)。 たんしやう(端正)五年きのへさる(甲申)十二月十三日に。 日本あきつしま(秋津島)せんやうどう(山陽道)安芸の国さゝいの郡とかげ村に。 しゆじやうさいど(衆生済度)のためにあとをたれ(跡を垂れ)玉ふ。
[中略]
御たくせん(託宣)により。 まづかりどのをはじめとして。 まづ大ごんせんと申なり。 あしびきのみやの御事也。 御本地はたいぞうかい(胎蔵界)の大にち(大日)なり。 またあとよりぜんざいわう(善財王)の御事は。 たづねさせ給ひていらせ給へば。 きゃくじん(客人)に思召。 まろうどの御ぜん(客人御前)とは申なり。 御本地はびしやもんてん(毘沙門天)にておはします。 たきの御ぜん(滝御前)は。 からびくせんの御わうじ(王子)の御事なり。 御本地はせんじゆくはんおん(千手観音)にておはします。 ひじりの御ぜん(聖御前)と申は。 かびら国の上人にておはします。 本地はふどうめうおう(不動明王)にておはします。

久保田収「神道史の研究」

厳島神社における神仏関係

神仏習合の結果は、本地垂跡の思想が生まれたが、これは厳島神社においても例外ではなかつた。 現在、大聖院に安置する十一面観音は、明治の神仏分離までは、厳島神社の真後ろにあった本地堂すなはち観音堂に安置されてゐて、平安時代中期のものと考えられる。 これは、『芸藩通志』に「仏氏は観音を以、明神の本地といふ」とあるやうに、厳島明神の本地を十一面観音と考へてゐたことを示してゐる。
棚守房顕が安芸の吉田で毛利元就に対して語つたところを記した「厳島草創記」に、大宮の本地を大日・普賢・十一面・阿弥陀・弥勒・虚空蔵とし、客人社の本地を毘沙門・不動・釈迦・薬師・地蔵となすと共に、観音堂を「両者の御本地十一面」としてゐる。 すなはち、大宮の祭神六座、並びに客人社の祭神五座に、それぞれ本地が定まつてゐると同時に、厳島社全体の本地が十一面観音であると信ぜられてゐたのである。 この考へが、以後江戸時代まで伝へられてゐたことは、『道芝記』から知られるが、ここにみえる本地堂の本地仏と、大宮の大明神の本地とが異つていることはふしぎであるが、これは混乱した中世的思想を反映するとともに、また本地を十一面観音とする考へと、大日如来とする考へとが、両々流れてゐたためであらう。
大明神の本地を観音とする考へがみられるのは、長寛二年(1164)九月に平清盛の記した厳島社の平家納経の願文であつて、その中に「相伝云、当社是観音菩薩之化現也。」といひ「何况、百界千如、説而為経、謂之妙法二十八品、願而為人、謂之観音、従本垂迹、現而為神、謂之当社、本迹雖異、利益惟同。」とある。 また本地を大日如来とするものは承安四年(1174)三月に右大弁藤原俊経の草する『建春門院厳島御幸願文』(『芸藩通志』所収)であつて、「夫当社者、尋内証者、則大日也。有便于祈日域之皇胤、思外現者、亦貴女也。無疑于答女人之丹心。」とあり、また鎌倉時代の著作である『古事談』に「日本国中大日如来ハ伊勢大神宮ト安芸厳島也。」とある。 時を同じうしてこの両説がみられるが、平家と厳島社との密接な関係、ことに久安二年(1146)に安芸守となつた清盛との関係を考へると、清盛の文の方が厳島における伝来を伝へてゐるといへよう。 従つて、主として観音を本地として信じられてきたが、その伝承の中に大日説も根強く残つたのであらう。 『いつくしまのゑんぎ』『いつくしまの御ほん地』(共に『室町時代物語集』所収)などには、同じく十一面観音としてをり、また『厳島社頭和歌』(『続群書類従』所収)にも三十三首和歌奉納のことがあるのも観音に因むものであるが、一方『いつくしま』(『神道物語集』所収)の如きは、胎蔵界の大日としてゐる。
ただし、観音堂が本地堂の名で呼ばれたのは、余り早いことではなかつたらしい。 『道芝記』には「くわんをんたう」として描いてをり、その本文には「夏堂」といひ、「毎年卯月八日より樒を摘故に夏堂と云なり、堂中に十一面観世音を安置して大明神の御本地と云り。」とあつて、夏堂とある。