神倉神社 和歌山県新宮市新宮 熊野速玉大社の境外摂社
現在の祭神 高倉下命
[配祀] 天照大神
本地
高倉下命愛染明王不動明王毘沙門天
天照大神十一面観音

「神道集」巻第二

熊野権現事

所以に十二所権現の内に、先づ三所権現と申すは、証誠権現は、本地は阿弥陀如来にしてまします。 両所権現は、中の御前は薬師、西の御前は観音なり。
五所王子の内に、若一王子は十一面、禅師宮も十一面、聖宮は龍樹なり。 児宮は如意輪なり。 子守宮は請観音なり。
四所明神と申すはまた、一万・十万、千手・普賢・文殊なり。 十五所は釈迦如来。 飛行夜叉、米持権現は愛染王、または毘沙門とも云ふ。
那智の滝本は飛龍権現なり。
本地千手にて在り。
惣道八十四所の王子の宮立ち給へり。
また飛行夜叉は不動尊。
これを十二所権現とは申すなり。
新宮神蔵は毘沙門天王なり。または愛染王とも云ふ
雷電八大金剛童子は、本地弥勒なり。
阿須賀大行事は七仏薬師なり。

「鏡谷之響」

新宮本地垂跡御名秘所霊跡事
景行天皇御宇興造次第自西始之、
第一西御前(伊弉冊尊 本地千手観音) 第二中御前(伊弉諾尊 早玉男命 本地薬師)
第三証誠殿(国常立尊 本地阿弥陀) 第四若殿(若一王子 十一面観音)
五禅師宮(国狭槌尊 本地地蔵) 六聖宮(豊斟渟尊 本地龍樹菩薩)
七児宮(泥土煮尊 本地如意輪) 八子守宮(大戸之道尊 本地正観音)
九一万十万(天忍穂耳尊 本地文殊菩薩 皇御孫尊 本地普賢菩薩) 十勧請十五所(面足尊 本地釈迦)
十一飛行夜叉(彦火火出見尊 本地不動) 十二米持金剛(鸕鷀葺不合尊 本地多門天)
後三殿(伊勢 住吉 出雲)
神蔵堂(高倉下命 本地愛染明王 天照大神 本地十一面観音)
飛鳥本社(事解男尊 本地大威徳)
稲荷大明神、徐福廟、宮戸泉道守大神(本地虚空蔵菩薩)
牛鼻大明神、榎本宇井鈴木三党之先祖の廟也、
屋倉大明神、橡樟日尊

「熊野山略記」巻第二

一、新宮本地垂迹御名秘所霊跡事
景行天皇御宇、興造次第大厦締構也、十三神殿自西始之、 一、西御前  二、中御前  三、証誠殿  四番、若殿(已上四殿各々也、皆置千木鰹木、宗廟神也) 五番、禅師 聖 児 子守(四所王子) 一殿造之  六番、一万十万 勧請十五所 飛行夜叉 米持金剛童子 五所神殿ヲ一殿五間ニ奉居之、本宮者一万十万一所御座、新宮者一万十万各別御座也、
後御社三間 伊勢(大日如来) 住吉(聖観音) 出雲大社(阿弥陀如来) 三所御座  神蔵権現 是世勧請 一所三面月輪(号三所権現)
一所神剣(本地 不動 愛染)
神蔵霊崛者、神剣在所ナリ、八葉蓮華、即神庫ノ上也、蓮華上有池、池広有習中尊大日如来、池頭有一丈二尺熊并八咫霊烏、池側有生身不動、待慈氏出世、有常燈、八葉下有崛、宝剣在此中、愛染明王垂迹也、愛染者愛菩薩(十六菩薩内也)或記云、愛染明王垂迹者、焔摩天也、可秘可秘、 坂口ニ二石有リ、宿願成就石室ト号、
飛鳥大行事、大宮、雅顕長者、本地大威徳也、 神蔵権現(飛鳥三所者長寛長者大威徳、比平符、漢司符三所也)、本地不動明王
[中略]
天岩戸(天照大神隠高間原給時御在所也、俗号天山戸、自空中落来山云々、飛瀧権現 摩多羅神御座、天照大神御躰岩屋在之、崛中有秘水、夏冬無増減)
牛鼻大明神(不動 毘沙門)  屋倉大明神  御船嶋大明神  比平府・漢司府両将軍  飛鳥中社  伊勢 住吉 出雲大社 同東社  三狐神 榎本 宇井 鈴木母也、

「日本の神々 6 伊勢・志摩・伊賀・紀伊」

神倉神社(二河良英)

 速玉大社の西南、千穂ヶ峯(253メートル)を主峰とする権現山の南端に、神倉山(神蔵山)という標高120メートルの支峰があり、その山頂に通称「ゴトビキ岩」(ゴトビキとはヒキガエルの方言で、厳密には頂部の石をゴトビキ岩といい、それを支える基岩を「袈裟岩」という)と呼ぶ巨岩を神体として神倉神社が鎮座する。 祭神を天照大神と高倉下命の二柱とし、速玉大社の摂社となっているが、神倉山が当地における熊野権現最初の降臨地と伝えられることから、「熊野根本大権現」とも称された。
[中略]
 ちなみに明治の神仏分離以前の神倉山の状況を述べると、まず山頂境内の海側に、ゴトビキ岩の前面を覆い隠すように十一間に七間の神倉権現の巨大な本堂(『紀伊名所図会』に「本堂 嶮山の上にある美作也」云々とあり、「神倉聖堂」あるいは「拝殿」とも呼ばれた)があって内部に愛染不動明王像(高倉下命の本地仏)と十一面観音像(天照大神の本地仏)のほか、秘仏の大黒天像が安置されていた。 一方、ゴトビキ岩後方の尾根上のは本殿二棟があり、その一棟を一ノ宮(並宮とも)と称して天照大神、もう一棟を二ノ宮(本社とも)と称して高倉下命を祀っていた(高倉下命はいうまでもなく神武伝承にゆかりの神で、ここでは地主神として祀られていた)。 また境内社として満山社と子安社があり、石段の途中に中ノ地蔵堂(現在は小舍が建てられている)、麓には御供所のほか、かつての本願寺数ヶ寺のうち、妙心寺(社務所の北隣に現存。中ノ地蔵堂の本願で、慈覚大師の創立と伝えられ、代々京都から公卿の息女が入寺した尼寺)を筆頭に華厳院・宝積院・三学院が「神倉山本願四ヶ寺」として残り、神倉権現の運営に当っていた。