気多大社 石川県羽咋市寺家町 式内社(能登国羽咋郡 気多神社[名神大])
能登国一宮
旧・国幣大社
現在の祭神
気多大社大己貴命
摂社・白山神社菊理姫命
摂社・若宮神社事代主命
末社・楊田神社迦具土命(あるいは荒御魂神)
末社・太玉神社(旧・大講堂)太玉命
本地
気多大明神勝軍地蔵阿弥陀如来聖観音
白山権現十一面観音
若宮権現聖観音
楊田権現不動八童子
大講堂阿弥陀如来

「気多神社古縁起」

大日本国北陸道能州気多大神宮者、日域第三之社檀而、 正一位勲一等無量百千万億阿僧祇劫、常住不滅之御神也、
[中略]
一、人王八代孝元天皇御宇、 北国越中之北嶋魔王化鳥而害国土之人民不少、 又到渡海之舟船亦為害止通路、 又其時節、鹿嶋路湖水之大蛇出現而害人不可勝計、 国中人民及悩愁、地裡昆虫到苦患、 当此時大己貴尊引具三百余神末社之眷属而来降于当国、 殺彼化鳥与大蛇、故国中之民唱大平、 海上之船謂能登、依之越中之国分四郡号能登国、 爾已来此南陽浦垂跡、天下国家君民之守護神也、
[中略]
実当社大明神者、勝軍地蔵薩埵之垂跡而、 天長地久・国泰民安之御守護神也、 総而当宮奥之両社者、素盞烏尊与稲田姫命也、 本社者勝軍地蔵菩薩大己貴尊也、 左右者白山妙理権現久々利姫之命本地十一面観音与若宮大権現本地正観音也、 次楊田権現不動八童子、 次大講堂本尊阿弥陀如来也、 先以謂之五社矣、 此外五王前神・弓矢舟明神、 塔之本尊釈迦・弥勒、 護摩堂之本尊五大明王、 毘沙門・祇園・十王・弁才・天満宮、 末社四十二社也、
[中略]
一、当社御神於天竺者、金毘羅神現守護釈尊之仏法、 払除魔軍之邪気、是故在霊山会上祇園寺、祝地主権現也、 此則伝教大師帰朝記依有之、 当社御神四・七月講堂有御幸而仏生式御聴聞有之云々

「神道集」巻第四

越後国矢射子大明神事

また北陸道には、道前・道後とて二つの社有り。 兄弟にて御在す。
[中略]
道後とは、気多大菩薩なり。 能登国に立ちたまへり。 御本地は地蔵菩薩なり。 この仏はこれ罪人に交じりて、抜苦の偈を教へたまふ。

「加賀能登神社由来書上」

気多神社

一、能州一宮気多太神宮者、国造大己貴尊、本地勝軍地蔵薩埵、満珠鎮納之社、 人皇十代崇神天皇之御宇、社頭草創、至当歳一千七百余年ニ罷成候

「仏像図彙」

三十番神

気多大明神(五日)

能登国羽咋郡
本地弥陀 又異説に正観音
[図]