貴船神社 京都府京都市左京区鞍馬貴船町 式内社(山城国愛宕郡 貴布祢神社[名神大 月次新嘗])。
二十二社
旧・官幣中社
現在の祭神
本社高龗神
奥宮高龗神
本地
本社不動明王
奥宮地蔵菩薩

「二十二社并本地」

伊勢(聖観音)。
八幡(釈迦)。
賀茂(御祖社釈迦)。
松尾(釈迦)。
平野(一殿大日。二殿聖観音。三殿地蔵。四殿不動)。
稲荷(下社大宮如意輪。命婦文殊。田中不動。中社千手。上社十一面)。
春日(一殿不空羂索観音。二殿薬師。三殿地蔵。四殿十一面)。
中七社。
大原野(同春日)。
大神(大日。聖観音)。
石上(十一面。文殊。不動)。
大和(一宮弥勒。二宮薬師。三宮聖観音)。
広瀬(大宮聖観音)。
龍田(釈迦三尊)。
住吉(一神薬師。二神阿弥陀。三神大日。四神聖観音)。
下八社。
日吉(大宮釈迦。二宮薬師)。
梅宮(一殿如意輪。二殿聖観音。三殿不空羂索。四殿信相)。
吉田(同春日)。
広田(一殿聖観音。二殿阿弥陀。三殿高貴徳王大菩薩。四殿阿弥陀。五殿薬師)。
祇園(天王薬師。波利女十一面。八大王子。八字文殊)。
北野(十一面)。
丹生(薬師)。
貴布禰(不動)
 已上二十二社。
 前伯三位仰吉田宮神主注之。

「諸神記」

貴布禰[LINK]

貴布祢
山城国愛宕郡貴布祢神社
水神 弘仁九年五月預大社宣
本地 不動

「類聚既験抄」

貴布禰(本地不動)。

「仏像図彙」

三十番神

貴舩大明神(九日)

城州愛宕郡
本地不動
男女夫婦の中を守らせ玉ふ御神なり
[図]

泉谷康夫「上賀茂神社の神仏習合と分離」

貴船神社の社人舌氏の家伝は『黄船社秘書』として貴船神社に伝えられている。 これは、恐らく明和の頃、舌氏の祖先舌宗富によって著わされたもののようであり、種々の興味深い記述がみられる。 特に、現在ではほとんど人々の記憶から遠ざかっている、中世における神仏習合の状態がそのまま記されており、非常に注目される。
舌氏の始祖は、仏国童子といい、貴布祢明神が貴船の地に降臨したさい随従してきた。 仏国童子の子は僧国童子、僧国童子の次は法国童子というように、その始祖伝承は極めて仏教的である。
[中略]
鳥居の内に黄船山延命寺という舌氏の菩提寺もあったことが『黄船社秘書』にみえている。 神宮寺も本社の南二十五間のところにあり、奥宮に地蔵堂があり、本社の本地仏は不動明王、奥宮の本地仏は地蔵菩薩だったこともまたみえている。 そればかりでなく、境内の摂末社の本地仏までもが記されている。 本地仏を安置した不動堂では、貴船神社の宮僧六人と不動堂の住職一人、それに鞍馬寺の僧六人が加わって、正月三ヶ日・同八日・同晦日に護摩執行が行われていたという。