金峯神社 山形県鶴岡市青龍寺 旧・県社
現在の祭神 大国主命・事代主命・少彦名命・安閑天皇
本地 釈迦如来

「金峰山万年草」下

金剛蔵王権現(垂跡少彦名命本地釈迦如来)
嵯峨天皇勅願所、金峰山青龍寺即是勅号、天下泰平国家安穏之御守護神社也。
[中略]
一書ニ云ク。 金峰神社ハ所謂蔵王権現也。 祭神ハ少彦名命、即是高皇霊尊之子而共大己貴命経営化被蒼生之神也。
[中略]
一書ニ云ク。 蔵王権現ハ安閑天皇ヲ祭ルト也。
[中略]
縁起ニ云ク。 役ノ優婆塞鉢森ノ上ニ善男子ノ群集スルヲ見テ、其故ヲ問フ。 皆云ク、蓮華峰ニ霊光有リ、然ニ山林鬱茂、猛獣隠顕スルヲ以テ、未ダ攀躋スルコトヲ得ズ、是ニ従テ遥拝スト。 此ニ於テ優婆塞試ニ峰頭ニ登ル、其言ノ如シ。 加フルニ雲霧漠濛スルヲ以テ、容易ニ到リ難シ。 秘法ヲ修シ密呪ヲ唱フルコト数日。 霊場ヲ詣デ閻浮檀金ノ釈迦如来ヲ拝ス。 告テ云ク、善哉優婆塞、我昔シ霊鷲山ニ在リ、今ハ衆生ヲ度センガ為ニ、金剛神ト示現スト。
[中略]
又云ク。 弘法大師湯殿山ニ入リ大日如来ヲ拝ス。 告テ云ク、西方ニ霊山有リ、即リ是釈迦如来誕生ノ道場也。 仁者往詣スレバ必ズ利益有ラント。