熊野那智大社 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山 旧・官幣中社
現在の祭神
第一殿(滝宮)大穴牟遅神
第二殿(証誠殿)家都美御子神
第三殿(中御前)御子速玉神
第四殿(西御前)熊野夫須美大神
第五殿(若宮)天照皇大御神
八社殿禅師宮正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命
聖宮天津日高日子番能邇邇芸命
児宮天津日高日子穂穂手見命
子守宮天津日高日子波限建鵜草葺不合命
一万宮・十万宮国狭槌神・豊雲野神
勧請十五所宇比地邇神
飛行夜叉意富斗能地神
米持金剛淤母陀流神
本地
滝宮千手観音
証誠殿阿弥陀如来
中御前薬師如来
西御前千手観音
五所王子若宮十一面観音
禅師宮地蔵菩薩十一面観音
聖宮龍樹菩薩
児宮如意輪観音
子守宮聖観音
四所明神一万眷属文殊菩薩
十万金剛童子普賢菩薩
勧請十五所釈迦如来
飛行夜叉不動明王
米持金剛毘沙門天愛染明王

「神道集」巻第二

熊野権現事

そもそも熊野権現と申すは、役行者婆羅門僧正、併にその本地を信仰す。
[中略]
役の行者・婆羅門僧正等参詣して後、御本地を顕し給へり。
所以に十二所権現の内に、先づ三所権現と申すは、証誠権現は、本地は阿弥陀如来にしてまします。 両所権現は、中の御前は薬師、西の御前は観音なり。
五所王子の内に、若一王子は十一面、禅師宮も十一面、聖宮は龍樹なり。 児宮は如意輪なり。 子守宮は請観音なり。
四所明神と申すはまた、一万・十万、千手・普賢・文殊なり。 十五所は釈迦如来。 飛行夜叉、米持権現は愛染王、または毘沙門とも云ふ。
那智の瀧本は飛龍権現なり。
本地千手にて在り。
惣道八十四所の王子の宮立ち給へり。
また飛行夜叉は不動尊。
これを十二所権現とは申すなり。
新宮神蔵は毘沙門天王なり。
または愛染王とも云ふ。
雷電八大金剛童子は、本地弥勒なり。
阿須賀大行事は七仏薬師なり。

「熊野山略記」巻第二

次那智山者、本垂者飛瀧権現、寂初根本地主権現顕給、 三重瀧、千手・如意輪・馬頭ト示現御座ケルハ、兼テ蓬莱ノ三山ト現シテ三御山ト名ケ可御座相成云々、 其一瀧者、新宮本地千手観音也、 二瀧者、那智本地如意輪也、 三瀧本地者、本宮本地馬頭観音也、 飛瀧者三重瀧ノ惣名也、

同巻第三(那智山瀧本事)

夫那智山者、蓋瀧門雲崛之神秀者也、 垂迹則有飛瀧之勢、仰時本則在救世之盟、皆玄聖之所遊化霊神之攸済、 窺其源極、不背四明九嶷〓〓〓〓将褊三嶋五城之霞、誠三国無双飛瀧千眼照臨之霊崛也、 抑飛瀧権現、天照大神輔佐之臣也、 成劫初起ノ時、難陀龍王応化之神也、
[中略]
爰以裸形上人自戊子歳、三十一箇年之間、勤行神倉興造新宮之後、 孝照天皇五十三年戊午歳六月十八日、上人出熊野新宮、向那智錦浦、 為沐浴清浄至和多水湯、忽千手千眼浮御影於漁海、放光於遐邇上人将驚神光、遙詣瀧本、 于時和光之空高晴、飛瀧千丈之粧垂跡之地、 影冷嵐讓崇山万歳之声、信仰銘肝感興入骨、嚢中天象外地耳、適濯澗水疏心胸之煩想、閑拝瀧窟蒙霊神之知見、 遂送六十余年之星霜、新顕一万三千神祇、
孝安天皇三十年戊午歳、瀧本ノ未方ニ有池、是名八功徳水、有龍蛇、頭入池、尾至瀧、 加里帝母女以錦袋運秋津浜砂、埋深池、 裸形上人結松擩崇三所権現、利蒼生、 其後空勝上人、朗善和尚連々加揥搆、代々増成風、終興造十三之神殿、勧請結・早玉地主烈神、 建立一宇之途堂、安置如意輪観自在尊、
[中略]

一、社壇興造事、諸家勘文異説難叵、就瀧山〓〓〓〓注之
瀧宮 飛瀧権現、成劫初起之時、与瀧水共降来、難陀龍王化現也、 慈恵僧正ハ彼神示現応作之所変也、 当山籠飛瀧権現正躰可奉拝之由、祈之、即自滝底大龍出登瀧上、其足裏銘良源、其後帰敬慈恵僧正云々、
仁徳天皇御宇構大廈、造十三之神殿、是那智山地主飛瀧権現、三山地主証誠大菩薩、
証誠大菩薩 熊野山地主権現(丹生大明神、月弓尊也、或伊勢外宮云々)
[中略]
早玉宮(中御前) 伊弉諾尊 日本国主宗廟霊神也、
 秘書云、伊舎那天、伊舎那后、日本開闢本主当宮霊神是也云々、
結宮(西御前) 伊弉冊尊也、此尊産日神・月神・蛭子・素盞烏尊之後、産火神之時、於紀州有間村産田宮崩御、即彼霊魂在大般涅槃岩屋、 産田宮祭礼時、彼岩屋下御七五三(シメ)云々、 若然者霊魂紀州御垂迹、尤在其便歟、是以諸家勘文多此義也、
若女一王子、天照太神垂迹、両所権現王子也、
 若女一王子之号、尤有所以者哉、新宮置千木鰹木事、証誠・両所・若一王子也、 又鳥居額(藤代)云、日本第一霊験所根本熊野三所権現若女一王子文、可知、
四所明神、次第第七殿ニ十三所ヲ令崇云々
一説者、結宮為中台、左右各三社営作也、 一番 早玉、二番 証誠殿、三番 瀧宮、 右方一番 若女一王子、二番 残四所王子、三番 四所大明神云々、

一、堂舎并奇巌霊水事
如意輪堂 裸形上人庵室也、即彼本尊如意輪観音、閻浮檀金尊像也、
千手堂 三尊薩埵之尊容、忝清和・寛平・花山三代御本尊、金銀千手(長五尺)、十一面(長三寸八分)、如意輪(長八寸)云々、 雖及火災度々、於霊像者、儼然而立于巌上、霊異奇特世以所知也、
又内裏裏二間観音(花山法皇奉納巌崛、奉祈禁裏其儀、于今不断絶、二間夜居本尊也)
玄奘三蔵本尊、赤栴檀木像観音、異香芬複于今不絶云々、 或北斗影向之木、補星降臨之杉、或善如龍王之岩、無熱悩池之水、 凡当瀧、有七木・七石・七水・七瀧、
[中略]
七瀧者 一瀧(千手千眼観音霊像、直顕巌崛、三重瀧水上は天河故不見) 二瀧(如意輪) 三瀧(馬頭 三瀧上不得登) 弁瀧(弁才天) 布引瀧 内陣瀧(最秘滝也) 新客瀧(不入山籠衆暫行、此瀧仍号新客瀧)
[中略]
浜宮堂(補陀落山渡海上人、於此寺致加行、補陀落山着岸之後、上人乗船并書札共帰着此浦)
浜宮(若女一王子十一面、錦浦大明神、尺迦関東二所権現也云々)

「仏像図彙」

熊野三社権現

那智

日本第一大霊験所根本熊野二所権現自芸旦国来我朝紀伊国牟婁郡音無川の源屏風が岡王宝殿に飛来る
本地観音
[図]

「日本の神々 6 伊勢・志摩・伊賀・紀伊」

熊野本宮大社・熊野速玉大社・熊野那智大社(二河良英)

熊野那智大社

 那智山の中腹宇、標高500メートルの高所に鎮座し、「熊野夫須美神社」「那智権現」などともいう。 表参道の急な石段四百段を登ると石段が二手に分かれ、右は西国第一番札所として知られる青岸渡寺へとつづき、左の朱塗りの大鳥居をくぐれば那智大社の境内に入る。 社殿もすべて美麗な朱塗りで、境内に入った右手正面に礼殿(拝殿)があり、その正面奥の透鈴門(県指定文化財)の背後に熊野権現造の本殿五棟(県指定文化財)が南面して並び建ち、向かって左端の第五殿の南西側に「上下八神殿」と呼ばれる第六殿が東面して建っている。
 第一殿(滝宮) 大己貴命(本地・千手観音)
 第二殿(証誠殿) 家都美御子大神(国常立尊、本地・阿弥陀如来)
 第三殿(中御前) 御子速玉大神(伊弉諾尊、本地・薬師如来)
 第四殿(西御前) 熊野夫須美大神(伊弉冉尊、本地・千手観音)
 第五殿(若宮) 天照大神(本地・十一面観音)
 このうち第一殿は地主神とされ、第二殿から四殿までが「熊野三所権現」と称されて主祭神の地位にあり、第五殿は「若一王子宮」とも呼ばれる。 第六殿(八神を祀る)は構成・祭神・本地ともに速玉大社(新宮)の中四社・下四社とほぼ同じである。 また、前記の青岸渡寺は明治維新以前までは那智権現所属の如意輪観音堂で、神仏分離によって廃堂となったが、明治七年に天台宗の一寺として独立した。 那智大社と境内を接していて、建物(国重文)は第一?五殿とほぼ並列な位置にある。
 当社の草創については、『熊野権現金剛蔵王宝殿造功日記』に「孝昭天皇のとき裸形上人が十二所権現を祀った」とみえ、『熊野略記』に「仁徳天皇御宇に始めて那智山御宮を建てた」とあり、『熊野年代記』には「仁徳天皇五年に熊野権現が那智山大滝に出現した」とあるが、無論これらは伝説の域を出ない。
 そもそも当社の起源は、天下の名勝として知られる「那智の大滝」への自然崇拝に求めるべきであろう。 那智山の北方にそびえる大雲取山(965.7メートル)に発した本流に無数の渓流が重なり合って大小多数の滝を形成し、それらは「那智四十八滝」と総称されるが、その本流が真南に向けて一挙に落下するのがこの大滝であり、高さが抜きんでていることからとくに「一の滝」と呼ばれる。 高さ133メートル、銚子口(滝の落ち口)の幅13メートル、滝壺の深さ10メートル余で、三筋に落下しはじめることから「三筋の滝」ともいう。 滝壺の右手下に文覚上人の荒行で名高い「文覚の滝」がある。 また、一の滝を遡ると一名「木の葉流しの滝」と呼ぶ「二の滝」があって速玉之男尊(本地・如意輪観音)が祀られ、花山法皇千日行の御籠跡(県指定史跡)がある。 さらに遡れば「馬頭の滝」とも呼ばれる「三の滝」があり、熊野櫛御気野命(本地・馬頭観音)が祀られている。 この三つの滝を合せて「三重ねの滝」ともいう。
 これらはすべて修験者の最も重要な行場であったが、崇敬の中心は何といっても一の滝であり、この大滝そのものを「飛瀧権現」(現称「飛瀧神社」)と称して大己貴命(地主神)の御神体とし、滝壺の前面に瑞垣を設け、その前に大鳥居が建てられている。 古来、無社殿であり、大鳥居の向かって左側にある「お滝祈願所」は飛瀧権現の本地堂(千手観音堂)跡に建てられたもので、役小角や滝不動をはじめ諸神を祀っている。