熊野速玉大社 和歌山県新宮市新宮 式内社(紀伊国牟婁郡 熊野早玉神社[大])
旧・官幣大社
現在の祭神
第一殿(結宮)熊野牟須美大神
第二殿(速玉宮)熊野速玉大神
上三殿証誠殿家都美御子命
若宮天照大神
神倉宮高倉下命
八社殿禅師宮天忍穂耳尊
聖宮瓊瓊杵尊
児宮彦火火出見尊
子守宮鸕鷀草葺不合尊
一万宮・十万宮国狭槌尊・豊斟渟尊
勧請宮埿土煮尊
飛行宮大戸道尊
米持宮面足尊
奥御前三神殿天之御中主神・高皇産霊神・神皇産霊神
本地
結宮千手観音
速玉宮薬師如来
証誠殿阿弥陀如来
五所王子若宮十一面観音
禅師宮地蔵菩薩十一面観音
聖宮龍樹菩薩
児宮如意輪観音
子守宮聖観音
四所明神一万眷属文殊菩薩
十万金剛童子普賢菩薩
勧請十五所釈迦如来
飛行夜叉不動明王
米持金剛毘沙門天愛染明王
奥御前三神殿伊勢大日如来
住吉聖観音
出雲阿弥陀如来

「神道集」巻第二

熊野権現事

そもそも熊野権現と申すは、役行者婆羅門僧正、併にその本地を信仰す。
[中略]
役の行者・婆羅門僧正等参詣して後、御本地を顕し給へり。
所以に十二所権現の内に、先づ三所権現と申すは、証誠権現は、本地は阿弥陀如来にしてまします。 両所権現は、中の御前は薬師、西の御前は観音なり。
五所王子の内に、若一王子は十一面、禅師宮も十一面、聖宮は龍樹なり。 児宮は如意輪なり。 子守宮は請観音なり。
四所明神と申すはまた、一万・十万、千手・普賢・文殊なり。 十五所は釈迦如来。 飛行夜叉、米持権現は愛染王、または毘沙門とも云ふ。
那智の滝本は飛龍権現なり。
本地千手にて在り。
惣道八十四所の王子の宮立ち給へり。
また飛行夜叉は不動尊。
これを十二所権現とは申すなり。
新宮神蔵は毘沙門天王なり。または愛染王とも云ふ。
雷電八大金剛童子は、本地弥勒なり。
阿須賀大行事は七仏薬師なり。

「鏡谷之響」

新宮本地垂跡御名秘所霊跡事
景行天皇御宇興造次第自西始之、
第一西御前(伊弉冊尊 本地千手観音) 第二中御前(伊弉諾尊 早玉男命 本地薬師)
第三証誠殿(国常立尊 本地阿弥陀) 第四若殿(若一王子 十一面観音)
五禅師宮(国狭槌尊 本地地蔵) 六聖宮(豊斟渟尊 本地龍樹菩薩)
七児宮(泥土煮尊 本地如意輪) 八子守宮(大戸之道尊 本地正観音)
九一万十万(天忍穂耳尊 本地文殊菩薩 皇御孫尊 本地普賢菩薩) 十勧請十五所(面足尊 本地釈迦)
十一飛行夜叉(彦火火出見尊 本地不動) 十二米持金剛(鸕鷀葺不合尊 本地多門天)
後三殿(伊勢 住吉 出雲)
神蔵堂(高倉下命 本地愛染明王 天照大神 本地十一面観音)
飛鳥本社(事解男尊 本地大威徳)
稲荷大明神、徐福廟、宮戸泉道守大神(本地虚空蔵菩薩)
牛鼻大明神、榎本宇井鈴木三党之先祖の廟也、
屋倉大明神、橡樟日尊

「熊野山略記」巻第二

夫熊野権現者、伊弉諾伊弉冉尊垂迹、伊舎那大自在天応作也、 神武聖代始顕現紀州爾景行宝暦重厳宮城、
[中略]
縁起云、
地神五代鸕鷀草葺不合尊、第四子人王第一神日本磐余彦天皇御宇三十一年辛卯、 天皇乗天磐船巡秋津嶋、於紀州南郊拝大熊之奇瑞、感神明之霊夢得神蔵之宝剣、熊野称号始此時矣、
 伝云、天皇依霊夢開宝庫、忽板上宝剣立、即権現御躰也云々、
天皇得宝剣伏州中邪神、安六合弘大業、 其後権現課神足仙龍、垂神居紫微、今新宮是也、
[中略]
誠日本第一之霊神、伊勢同躰之宗廟也、 因茲伊弉諾・伊弉冉両神称結・早玉、伊勢外宮号証誠大菩薩、以内宮号若女一王子、即於四所宮殿置千木鰹木、尤其謂者歟、
一、新宮影向次第
神武天皇第十年庚午、始巡秋津嶋、(異説)
同三十一年辛卯、於紀州之南郊大熊奇瑞顕現、
同四十八年戊申、天皇得神倉之宝剣、伏馬台邪神、
安寧天皇十八年庚午、新宮神倉垂迹、(切目六十年御座後座)
孝照天皇五年庚午、新宮東阿須賀社北、石淵幾禰谷奉造立二宇社檀、勧請三所権現、
同御宇二十三年戊子、於下熊野現大熊、於神蔵現三面月輪、是与裸形上人造神殿、
同二十九年甲午九月十五十六両日、新宮乙暮河に貴男貴女ト顕始、伊弉諾伊弉冉霊魂云々、
同五十三年戊午、裸形上人於岩基隈(モトコシ)北新山奉崇三所権現、是号新宮、 孝安四十八年丙子、熊野新宮焼失、三所神鏡飛出懸榎、其後仮殿御遷宮ノ時、又人不奉懸手飛入給云々、 景行天皇御宇五十八年戊辰、新宮致大廈之締、構社壇倍間廻廊尽美、仍官外記ニ云、景行天皇御宇新宮始云々、
[中略]
神倉権現者、孝照天皇御宇二十三年戊子、猟師是世於新宮熊野楠山、見一丈一一尺之大熊三頭走、欲射之、 追行此熊至西北之巖上、忽ニ現三面神鏡、神靈巍タリ、光明照曜ス、是世仰信之余リ折捨弓箭無懈、 裸形上人出来シテ於三面鏡上、造覆一宇神殿、勤行三十一年、自戊子歳至戊午歳、今神倉権現是也、
[中略]
系図 役行者々雅顕長者再誕
三公位田大臣  今勧請十五所
千与定────┬嫡子雅顕長者──嫡女(証誠大菩薩、慈悲大顕王后 結・早玉両所母后)
       │
       ├裸形上人(新宮・那智建立上人)
       │
       │慈悲大王御倉預
       ├長寛長者───┬嫡女(早玉后 禅師・聖母)
       │(於吾朝者号 │
       │ 稲荷大明神 │次男
       │ 新宮飛鳥大 ├是与(神倉権現勧請神也、縁起相伝之 或云、礼殿主本地弥勒菩薩云々)
       │ 行事是也) │
       │       │三男
       │       └比平符将軍─┐(於鎮西彦山者号上津瓦)
       │              │
       │              │嫡子
       │              ├漢司府将軍─┐(此神三狐神為妻、其子三人此一腹也
       │              │(毘沙門) │ 於鎮西彦山者号下津瓦大明神
       │              │      │ 於熊野者号牛鼻大明神
       │              │二男    │ 本宮新宮共崇之)
       │              └奉幣司   │
       │                     │(不動) 宰相
       │                     ├基俊  ○真継
       │                     │
       │                     │(大日)
       │                     ├基成  ○兼純
       │                     │    (宇井判官)
       │                     │
       │                     └基行  ○真勝
       │                          (鈴木判官)
       │号正三位
       │四男
       ├千与兼─────千与高──千与基──高与兼──基兼──重兼──為兼──定兼
       │(本地大日如来)
       │
       │号正三位
       │号香寿菩薩
       │五男      御前
       └千与明─────今堤(曩両人父、今号本宮三昧僧先祖 尾崎者住所名也)
[中略]
一、新宮本地垂迹御名秘所霊跡事
景行天皇御宇、興造次第大厦締構也、十三神殿自西始之、 一、西御前  二、中御前  三、証誠殿  四番、若殿(已上四殿各々也、皆置千木鰹木、宗廟神也) 五番、禅師 聖 児 子守(四所王子) 一殿造之  六番、一万十万 勧請十五所 飛行夜叉 米持金剛童子 五所神殿ヲ一殿五間ニ奉居之、本宮者一万十万一所御座、新宮者一万十万各別御座也、
後御社三間 伊勢(大日如来) 住吉(聖観音) 出雲大社(阿弥陀如来) 三所御座  神蔵権現 是世勧請 一所三面月輪(号三所権現)
一所神剣(本地 不動 愛染)
神蔵霊崛者、神剣在所ナリ、八葉蓮華、即神庫ノ上也、蓮華上有池、池広有習中尊大日如来、池頭有一丈二尺熊并八咫霊烏、池側有生身不動、待慈氏出世、有常燈、八葉下有崛、宝剣在此中、愛染明王垂迹也、愛染者愛菩薩(十六菩薩内也)或記云、愛染明王垂迹者、焔摩天也、可秘可秘、 坂口ニ二石有リ、宿願成就石室ト号、
飛鳥大行事、大宮、雅顕長者、本地大威徳也、 神蔵権現(飛鳥三所者長寛長者大威徳、比平符、漢司符三所也)、本地不動明王、
[中略]
天岩戸(天照大神隠高間原給時御在所也、俗号天山戸、自空中落来山云々、飛瀧権現 摩多羅神御座、天照大神御躰岩屋在之、崛中有秘水、夏冬無増減)
牛鼻大明神(不動 毘沙門)  屋倉大明神  御船嶋大明神  比平府・漢司府両将軍  飛鳥中社  伊勢 住吉 出雲大社 同東社  三狐神 榎本 宇井 鈴木母也、

一、新宮御殿奉納仮名書縁起云
[中略]
礼殿執金剛童子 本地弥勒菩薩 智証大師顕給、
湯峯金剛童子 虚空蔵菩薩 婆羅門僧正顕給、
発心門金剛童子 大白身観自在菩薩 簾乱神降伏躰也、
 此神ハ三山ニ各顕御ス者也、
湯河金剛童子 陀羅尼菩薩
石上新羅大明神 文殊 香勝大師垂迹、
 湯河石上二大明神者、新羅国神也、
地津湯金剛童子 精進波羅密菩薩
滝尻金剛童子 不空羂索 慈覚大師顕給、
切目金剛童子 義真和尚顕給 十一面観音
藤代大悲心王童子 千手垂跡、
稲葉根 稲荷大明神 新宮 阿須賀一ツ垂迹也、
飛鳥大行事 大宮 大威徳明王 六頭六面六足 為魔縁降伏也、
[中略]
神蔵権現事、神倉ハ三山出現ヨリ始ニ顕給ヘリ、 権現天下給シ時ハ、一丈二尺熊ト現シ、昼ハ神倉ニ籠居給、夜ハ下熊野通給ヒキ、 神倉剣者、摩訶陀国五剣ヲ持テ渡セ給フ、 又八尺霊烏モ権現垂迹也、 奥ニ池アリ、此池ハ八葉池也、中尊ハ大日也、今神蔵愛染明王ト顕給フ、 此池ハタニ生身不動御座ス、慈尊出世ヲマツ、 燈呂アリ、 八尺霊烏モ此池ノ端ニアリ、 神蔵三所ハ西アミタ、中三所権現、山籠御勤ノタメニ、奉勧請者也、 連坂(ツレサカ)者、当時ハトサカト云、権現降来之時、猟ヲシ給シ所也、
垂迹次第、根本神倉 次阿須賀 宇殿 石淵キネヤ谷、
結・早玉・家津御子ヲ奉祝始テ、次其変作神那智三瀧神也、
[中略]
権現御氏人漢司符将軍ヲ先熊野山新宮ヘ被遣之、 漢司符将軍者於天竺被召仕臣千与定(正三位云々)末孫也、 新宮東飛鳥三狐神ヲ為妻、三人之男子ヲ儲ク、 一男ハ真俊榎本氏、二男ハ基成宇井党、三男ハ基行鈴木党也、 壬午歳三月二十七日巳時、権現為人躰熊野新宮千尾峯隈立、 漢司符将軍子息ハナキカト、以奉幣司有御尋之処、此子息等参向、 大岡明神御前ニ十二本榎在之、榎木影ニ奉請権現、仰云、此木影之隈殊勝也トテ、嫡子真俊姓ヲ給、榎本氏ト号ス、 次男基成宇井為屋敷、猪子ニ白キ円餅令進、仰云、汝進物等殊勝也トテ、姓ヲ丸子ト給、宇井党ト号ス、 三男基行塞野村鈴木為屋敷、開発耕作稲、御馬草析進之、汝カ姓ハ穂積ト定ムル、鈴木党ト号ス、
[中略]
比平符将軍者、本地不動垂迹、百王鎮護ノ八幡大菩薩ノ随類神、河原大明神ト顕レ給フ、 真俊不動、基成大日、基行毘沙門垂迹、(三大明神顕給)
漢司符将軍者 毘沙門 牛鼻大明神顕
中天竺摩訶陀国慈悲大賢王ノ公卿、正三位千与定、其子息石田河上ニ南岡ノ住人トシテ、熊野部千与包、本地大日垂迹也、今ノ神官禰宜ト成給フ、 正三位千与明、本宮ノ法花三昧香寿菩薩反化身也、 千与包・千与明兄弟二人ハ、千与包之子息也、 阿須賀大御前ハ本地アミタ如来、中社ハ伊勢・住吉・出雲大社、 同東ノハシニ御座スハ三狐神、榎本・宇井・鈴木三人母也、 権現中天竺マカタ国鎮守スト顕給フ時ハ、比平符将軍ト号シテ其子唐土ニテハ、漢司符将軍ト被召仕キ、鎮西彦山ニテハ上津瓦明神・下津瓦明神ト現、本地不動・毘沙門也云々、 新宮仮名書縁起畢

「仏像図彙」

熊野三社権現

新宮

景行天皇十八年始建熊野新宮
本地薬師
[図]

「日本の神々 6 伊勢・志摩・伊賀・紀伊」

熊野本宮大社・熊野速玉大社・熊野那智大社(二河良英)

熊野速玉大社

 熊野川を河口から3キロほど遡った右岸(西岸)、新宮市街地西方にそびえる千穂ヶ峯(253メートル)の北北東の麓に南面して鎮座する。 西南の神倉山山頂には熊野大神が降臨したというゴトビキ岩(神倉神社)、1キロほど下流右岸には徐福伝説で知られる蓬莱山、北方の熊野川と支流相野谷川の合流点には御船祭の神幸地「御船島(神島)」がある。
 当社は俗に「熊野新宮」ともいう。 丹塗りの大鳥居を抜けて奥の神門をくぐると三つの鈴門をもつ社殿一棟が建ち、上三殿と呼ばれ、向かって左から第二・三・四殿が相殿で祀られている。 その向かって左に本社として主神を祀る速玉宮があり(準主神は第二殿)、上三殿との間に奥御前三神殿という小祠がある。 また上三殿の向かって右には「八社殿」があって左半分には五~八、右半分に九~十二殿が相殿で祀られている。 すなわち本宮と同じく十二神を祀っているが、内容に少し異なるところもあるので次に列記する。
上四社  
 第一殿(速玉宮) 熊野速玉大神(伊弉諾尊、本地・薬師如来)
 第二殿(結宮) 熊野夫須美大神(伊弉冉尊、本地・千手観音)
 第三殿(証誠殿) 家都美御子命(本地・阿弥陀如来)・国常立命
 第四殿(若宮) 天照大神(本地・十一面観音)
中四社  
 第五殿(禅師宮) 天忍穂耳尊(本地・地蔵菩薩)
 第六殿(聖宮) 瓊々杵尊(本地・龍樹菩薩)
 第七殿(児宮) 彦火火出見尊(本地・如意輪観音)
 第八殿(子安宮) 鸕鷀草葺不合尊(本地・聖観音)
下四社  
 第九殿(一万宮・十万宮) 豊斟渟命・国狭槌命(本地・文殊菩薩・普賢菩薩)
 第十殿(勧請宮) 埿土煮命(本地・釈迦如来)
 第十一殿(飛行宮) 大斗之道命(本地・不動明王)
 第十二殿(米持宮) 面足命(本地・毘沙門天)
[中略]
 当社の創立年代も明らかではない。 熊野縁起最古のものと考えられる『熊野権現御垂迹縁起』(『長寛勧文』所収)によれば、熊野権現は唐の天台山から飛行して日本国鎮西の日子山(英彦山)に八角の水晶の姿で降臨し、五年後に伊予国の石鉄の峯(石鎚山)に遷り、六年後に淡路の遊鶴羽の峯(諭鶴羽山)へ、さらに六年後に紀伊国牟婁郡切部山の玉那木の淵の松の木の下に降臨した。 そして五十七年を経て熊野新宮の南の神蔵の峯(神倉山)に天降り、六十一年後に新宮の東の阿須賀の社の北(熊野川対岸)の石淵の谷(三重県鵜殿村)に遷って結・早玉と家津御子の二宇の社に祀られたという。
 一方、『熊野年代記』によれば、安寧天皇十八年に新宮の神倉に祀られ、次いで貴禰谷(石淵)へ遷り、孝昭天皇五年そこに二社殿を建てて熊野三所権現(夫須美神・速玉神・家津美御子神)として祀られ、景行天皇五十八年戊辰に熊野新宮が建てられたという。 また『熊野年鑑』には「景行天皇五十八年戊辰春三月、熊野の鎮座地に宮殿を起て、是を新宮と号く」とある。 さらに『水鏡』は景行天皇二月を「くまのの新宮」の始まりとし、『紀伊続風土記』は「神倉山に其儘跡を止め給へるを景行天皇の御世、今の新宮の地に遷し奉れり」と記している。 『扶桑略記』『帝王編年記』なども景行天皇の御世の創建とする。