中山神社 岡山県津山市一宮 式内社(美作国苫東郡 中山神社[名神大])
美作国一宮
旧・国幣中社
現在の祭神 鏡作神
[配祀] 天糠戸命・石凝姥命
本地 文殊菩薩

「作陽志」

中山神社[LINK]

在西一宮村或作仲山 所祭之神吉備武彦命便是与吉備社同神也 一曰吉備武彦命備前備中備後三国之一宮也 今按美作本吉備国和銅六年四月割備前置美作国勧請吉備一宮
[中略]
一説中山神社三座中鏡作命左天糠戸命右石凝姥命
[中略]
九月二十一日 流鏑馬 社僧大般若転読初於文殊堂修之堂後読于神前 堂趾尚存 社僧説曰中山神本地文殊師利菩薩

津山市の情報サイト 津山瓦版[LINK]より

天台宗 愛宕山 地蔵院[LINK]

今日ではほとんど忘れられているが、神仏分離のとき、神社と一体で存在していた神宮寺がみな分離され、再編成が行われた。 八子八幡宮の本地仏、阿弥陀如来(正宝山威徳寺)、総社宮の毘沙門天王(檀上山神宮寺)、一宮の中山神社の文珠菩薩(霊谷山真応寺)、徳守神社の不動明王(医王山清閑寺)、二宮の高野神社の普賢菩薩(普賢山神宮寺)の本地仏がみなこの地蔵院に遷座合祀された。 その御仏像が今もここでご健在である。
総社宮(釈迦如来)
徳守宮(不動明王)
高野宮(普賢菩薩)
八幡宮(阿弥陀仏)
中山宮(文殊菩薩)