南宮大社 岐阜県不破郡垂井町宮代峯 式内社(美濃国不破郡 仲山金山彦神社[名神大])
美濃国一宮
旧・国幣大社
現在の祭神
南宮大社金山彦命
[配祀] 見野命・彦火火出見命
摂社・高山神社木花開耶姫命・瓊々杵尊
末社・子安神社保食神
本地
本宮阿弥陀如来
十禅師地蔵菩薩
高山権現十一面観音
子守社千手観音

「木曽路名所図会」巻之二

仲山金山彦神社

祭神五座 金山彦命・見野命・彦火火出見尊・罔象女命・埴山媛命 此二座秘神とす。
[中略]
南宮摂社
十禅師社 二ノ宮と称す。本社の北にあり。祭神瓊々杵尊。
高山太神 三ノ宮と称す。本社の南にあり。祭神木花開耶姫命。
隼人祠 四ノ宮と称す。本社の北にあり。祭神火闌降命。
南大神 五ノ宮と称す。本社の南にあり。祭神火明命。
七王子祠 七扉 大山祇・中山祇・麓山祇・䨄山祇・正勝山祇・高靇・闇靇。
勅使殿 本社の北にあり。
護摩殿 本尊弘法大師。御自作。長日天下安全御祈祷を修す。
本地堂 無量寿仏、勝軍地蔵、多門天、十一面観音、不動尊を安す。人皇四十五代聖武天皇天平十一年、行基僧正の草創也、法体殿南神宮寺と号す。
[中略]
高山宮 山上奥院といふ。登る事十八町。神体麓の宮に同じ。
隼人社 同所にあり。神体麓の宮に同じ。
子安社 祭神保食神・伊弉冊尊。社前に黒白の丸石二つあり。男子・女子安産を伺ふ也。
[中略]
十一面観音堂 山上高山宮本地。本尊は行基作。神護年中草創。
千手観音堂 子安社ノ本地。本尊は慈覚大師の作。

「飛州志」巻第四

南宮

又美濃国ノ第一宮南宮アリ、 不破郡宮代村ニ建ツ、 正一位中山金山彦太神ト称ス、 祭神三坐、 所謂第一本宮ハ彦火火出見尊、本地阿弥陀、 第二十禅師ハ瓊々杵尊、本地地蔵、 第三高山権現ハ此花咲姫命、本地十一面観音云云