野々宮神社 滋賀県東近江市八日市金屋一丁目 旧・村社
現在の祭神 瓊々杵尊・大己貴命・少彦名命
本地 地蔵菩薩

「近江・若狭・越前 寺院神社大事典」

野々宮神社

 祭神は瓊々杵尊・大己貴命。旧村社。 延暦三年(784)坂本(現滋賀県大津市)より十禅師権現を勧請と伝え、近世まではおもに十禅師社などとよばれた。 金屋・中野・蛇溝・上大森・瓜生津・土器など十三カ村の惣社とも伝える。
[中略]
別当坊として蓮花庵・林光坊・正覚坊・団子坊・浄荘庵、本地堂の地蔵堂(宮地蔵堂)などがあった。 明治元年現社名に改称。
[中略]
野々宮神社東方に、開基を最澄と伝え、天正年間(1573-92)に浄土宗となった金念寺がある。 同寺蔵の室町時代作の木造地蔵菩薩像はもと野々宮神社の本地仏で明治の神仏分離の際同寺に移されたという。