恩智神社 大阪府八尾市恩智中町五丁目 式内社(河内国高安郡 恩智神社[名神大])
河内国二宮
旧・府社
現在の祭神
恩智神社大御食津彦命・大御食津姫命
摂社・春日神社天児屋根命
末社・天川神社春日辺大明神
本地
一之御殿文殊菩薩・普賢菩薩
二之御殿釈迦如来
奥之権現薬師如来
天川大明神阿弥陀如来

「恩智大明神縁起」

謹考、河内国高安郡恩智社二座、其一則天児屋根尊、其一則御食津臣尊、而白王鎮護神而藤原氏累代之宗廟也、 在昔神功皇后征伐三韓之日、住吉大明神、御食津臣尊倶現海上、而或為先鋒或後拒、遂樹功於異域、振威于海外、 是以凱旋之後皇后殊崇二神而栄封各有差、故当社賜七郷而尊敬異他、
[中略]
恩智社代々云伝及聞申通書付申候書
一、大明神者、天児屋根命第五世之孫大御食津命と申、朝家無双之霊社と承侯
 一之御殿御本地 文珠、午頭天王、普賢、頗利妻女
 二之御殿御本地 釈迦、奥之権現、薬師
一、御末社、天照大神、西宮大明神、春日大明神、玉祖大明神、住吉大明神、
 是を号五社、并に熊野権現、吉野権現奥之院有之、号天川大明神、御本地阿弥陀也、惣四十末社と申伝承り候、並楼門、廻廊、居垣、鳥居三ケ所、拝殿、御供所有之
一、伽藍所之事、薬師堂(此地今に有之)、金堂釈迦(同前)、文殊堂(同前)、普賢堂(同前)、一重之木塔(同前)、毘沙門堂、上堂(本尊不存)、千手観音堂(同前)、灌頂堂並鐘楼堂、寺数七ヶ所其他に有之、並中門あり、悉く其地今に有之