佐久奈度神社 滋賀県大津市大石中一丁目 式内社(近江国栗太郡 佐久奈度神社[名神大])
旧・県社
現在の祭神 瀬織津姫命・速秋津姫命・気吹戸主命・速佐須良姫命
[合祀] 大山咋命
本地 十一面千手観音 弥勒菩薩(伝)

「近江国輿地志略」巻之四十八
(栗太郡第十)

佐久奈止社[LINK]

〇佐久奈止社  東村に在。 祭神一坐、瀬織津姫の命なり。
[中略]
祭礼毎年三月三日、御旅所へ神輿を出す。 同月第二の午の日神事なり。 末社二座、正八幡宮・春日大明神社なり。 土俗誤て、桜谷の本地、十一面千手観音なりと。

「かみとほとけのかたち: 湖南地方を中心とした神像と本地仏の世界 企画展」

仏像(寺伝弥勒菩薩立像) 一躯

  大津市 若王寺
  木造 像高97.3
  平安時代(十世紀)

 若王寺は佐久奈度神社の神宮寺であり、『興福寺官務牒疏』に「神宮寺法楽道場也」と記されている。
[中略]
 本像は佐久奈度神社の本地仏といい、寺では弥勒菩薩像と伝えている。