醍醐寺清瀧宮 京都府伏見区醍醐伽藍町 醍醐寺(真言宗醍醐派総本山)の境内社
現在の祭神 善女龍王
本地 准胝観音・如意輪観音

「清瀧権現御事」

凡此神於三国守護密教霊神也、 然則於天竺護龍猛密教、於辰丹守恵果法流、
清瀧名字青龍寺号深可思之、 爰我大師渡大唐、青龍流之瓶水写玉へり、 我朝に為守此法流、大師帰朝之時同船し来玉へり、 日域大同元年也、
然桓武天皇崩御之故、且鎮西御逗留あり、逗留間号雨師明神、 此神天神四所内在之、
大同二年大師入洛後、且有影向室生山、此事有由緒、奉号善女龍王、
其後尊師醍醐山建立時、上醍醐本宮へ移玉へり、
其後堀河天皇御宇寛治四年四月四日、 勝覚権僧正上醍醐西谷准胝堂傍へ奉勧請、 其後又同僧正時奉移下醍醐、
[中略]
然青龍渡給清瀧申事、 龍水精也、水を精清とは申也、三水表之、 青者東也、留東域可守密教表示也、
尋御本地者、准胝・如意輪の二尊、両部理智表示也、
[中略]
又出家形俗形二在之、出家形者其形如地蔵薩埵、 着衲袈裟、両手立五輪、 捧左右乳房程、向外各以大捻す、火甲の磐石の上に結跏趺坐

清水善三「本地仏像の成立 神道関係彫刻の分類」

(3) 調査作品目録

A 本地仏像
  1. 京都市上醍醐寺清滝宮本地仏如意輪観音坐像(11~12世紀)
  2. 京都府田辺町甘南備神社本地仏薬師坐像(10世紀)
  3. 亀岡市出雲神社本地仏薬師坐像(10世紀)
  4. 京都府丹波町新宮寺熊野神社十二所権現本地仏十二躯(12世紀)
  5. 京都府北桑田郡西乗寺(八幡宮)本地仏十一面・阿弥陀・薬師像(13~14世紀)
  6. 滋賀県大日堂(飯道神社)本地仏薬師坐像(10世紀)
  7. 滋賀県大岡寺(椿神社)本地仏薬師坐像(9~10世紀)
  8. 滋賀県建部神社本地仏薬師坐像(11~12世紀)
  9. 滋賀県聖衆来迎寺(愛宕神社)本地仏地蔵菩薩(元徳2年、1330、仏師院芸作)。
  10. 三重県神宮寺(現耕三寺)本地仏釈迦(あるいは薬師か。10世紀)