赤山禅院 京都府京都市左京区修学院関根坊町 比叡山延暦寺別院
天台宗修験道総本山管領所
現在の祭神 泰山府君
本地 地蔵菩薩

「神道集」巻第三

赤山大明神事

そもそも赤山大明神とは、本地は地蔵菩薩なり、
その本地の名を尋ぬれば、武答天神王なり。 これ牛頭天王と一体応迹の変作なり。
その故は、経文を引て云く、 牛頭天王菩薩はまた武答天神王菩薩と名づく、 牛頭天王に三つの称名あり。 一は牛頭天王と名づけ、二は武答天神王と名づけ、三は薬宝賢明王と名づく。
この三種の名、三諦一諦、非三非一の法門なり。 これ則ち妙法蓮華経なりと云々。
また仏説秘密心点如意蔵王陀羅尼経に云く、これ義浄三蔵の所訳なり。
またこの天王に十種の変身あり、 一は武答天神王、 二は牛頭天王、 三は倶摩羅天王、 四は蛇毒気神王、 五は摩耶天王、 六は都藍天王、 七は梵王、 八は玉女、 九は薬宝賢明王、 十は疫病神王等これなり。 この十種の変身は皆これ一体にして、衆生を利益す云々。

「源平盛衰記」巻第十

赤山大明神事

赤山大明神と申すは、慈覚大師渡唐の時、清涼山の引声の念仏を伝へ給ひしに、此の念仏を守護せんとて、大師に芳契を成し給ひ、忽ち異朝の雲を出て、正に叡山の月に住み給ふ。 されば大師帰朝の時、悪風に逢て其舟あやふかりければ、本山の三宝を念じ給けるに、不動毘沙門は艫舳に現れ給へり。 此の明神は又赤衣に白羽の矢負つゝ、舟の上に現じ給ひつゝ、大師を守護せられけり。 山王は東の麓を守り給へ、我は西の麓に侍らん、閑なる所を好む也とぞ仰せられける。 赤山とは、震旦の山の名也、彼の山に住む神なれば、赤山明神と申すにや、本地地蔵菩薩なり、太山府君とぞ申す。

「仏像図彙」

三十番神

赤山大明神(二十五日)

赤山は支那に太山府君と称す今叡山の西の麓にあり
本地地蔵
[図]