白山別宮神社 石川県白山市別宮町 『加賀国内神名帳』所載社(従六位上 別宮明神)
白山比咩神社の元・境外摂社
旧・郷社
現在の祭神 白山比咩神・大己貴命・大山祇命
本地
白山比咩神十一面観音
大己貴命阿弥陀如来
大山祇命聖観音

「白山之記」

又宝社あり。 三間一面。 禅頂別宮と名く。 拝殿は五間二面。 渡殿は三間。 小社二宇あり。 五間二面の講堂あり。

白山七社本地垂迹事

本宮(御位は正一位なり)
本地は十一面観音なり。 垂迹は女神なり。 御髻と御装束は唐女の如し。

金剣宮(白山の第一の王子なり)
本地は倶利伽羅明王なり。 垂迹は男神なり。 御冠に上衣を着す。 銀弓と金箭を帯し、金作の御太刀はかせ給ふ。

三宮(白山の第三の姫宮なり)
本地は千手観音なり。 垂迹は女神なり。 御装束等は本宮の如し。

岩本宮(白山の第二の王子なり)
禅師権現なり。 本地は地蔵菩薩なり。 垂迹は僧形なり。

中宮
本地は如意輪なり。 垂迹は本宮の如し。 ただし童形か。 児宮と云々。 ただし根本は如意輪なり。 後に三所を祝ひ奉る。

佐羅宮
本地は不動明王なり。 垂迹は金剣宮の如し。 早松は普賢・文殊なり。 二童子の本地か。

別宮
本地は十一面・阿弥陀・正観音の三所権現なり。 十一面は垂迹なり。 御姿本宮の如し。 阿弥陀は奇眼老翁なり。 神彩甚た閑正なり。 観音は咲を含む。 宰の官人なり。 銀弓金箭を帯す