白子神社 山形県米沢市城北二丁目 旧・県社
現在の祭神 火産霊神・埴山姫神・大宜都比売神
本地
火産霊命勝軍地蔵
埴山姫命地蔵菩薩
御祖社伊弉冊尊十一面観音
大物主神薬師如来

「白子大明神記」

一 本社 三間 社料二十五石
 大物忌神社(又作大斎)二坐
一 火産霊命(左) 愛太子神也、
一 埴山姫命(右) 土御祖神也、
火産霊者火神軻遇突智也、山城国愛宕山大権現同体也、 御形男体着金甲冑左手持火珠右手執軍器、
埴山姫者土祖神也、近江国高島郡波爾布明神同体也、 御形女体、
日本書紀神代巻曰、 伊弉冊尊生火神軻遇突智時、伊弉冊為軻遇突智所焦終矣、 其且終之間、臥生二神埴山姫及水神罔象女、 即軻遇突智娶埴山姫生稚産霊、 此神頭上生蚕与桑、臍中生五穀、
神書伝曰、 陰神生火神所焦而終矣、以其仇于母之子号火神安太子、 愛宕火産霊本地勝軍地蔵菩薩、脇士不動毘沙門也、 密号与願金剛埴山姫命本地地蔵菩薩也、
鎮座出羽国置賜郡上長井宮城郷白子村 (白子蚕宮又作白城子)、子菅上社、 今在永井荘米沢城三郭之北、
一 末社
 御祖社二坐
 伊弉冊尊(左)号之熊野権現本地十一面観音、
 大物主神(右)号之子菅下社、
大物主神者大己貴命也、本地薬師如来、 神代巻曰、大己貴命吾欲住於三諸山、故即造宮彼処、 使就而居、此大三輪神也云々、 又出羽国飽海郡坐大物忌神社同体也、
此御祖社者自古在本社西南四百歩計、慶長之初迁之本社側合殿、 有大物忌神像、御形如毘沙門天、 行基僧正之所刻也、此神像者便子菅下社之神体也、