素盞嗚尊神社 兵庫県神戸市北区大沢町中大沢 旧・村社
現在の祭神 素盞嗚尊
[配祀] 月読尊・櫛稲田姫命
本地 薬師如来

「平成祭データ」

御由緒

當神社は往昔より當村の鎮守牛頭天王社と称し 祭神には素盞嗚尊、相殿には稲田比売命、月読見命を奉齋し、 本地として薬師如来を合祀せし所にして 其の創立年暦不詳なれども古老の傳説及び口碑を徴するに 往昔和田盛遠の末裔善盛(現今の和田家の祖先)なる者浪士となりて此地に蟄居し當社の側に私財を投じて日照山法寺庵を建立し 當社を鎮守とし御供田として若干を寄進し祭資料に充つ 然るに天正八年正月織田信長の家臣羽柴秀吉播州三木城主別所長治を攻略の時 隣村上大澤けし山の砦及び社坊法寺庵に火を懸け烏有に歸せしむ 寛永年間社殿を再建し 明治維新の際御供米田を没収し 明治六年村社に列せらる