滝尻王子宮十郷神社 和歌山県田辺市中辺路町栗栖川 旧・村社
現在の祭神 天照皇大神・天忍穂耳尊・天津彦火瓊瓊杵尊・彦火火出見尊・彦波瀲武鸕鷀草葺不合尊
本地 不空羂索観音

「源平盛衰記」巻第四十

維盛入道熊野詣 附熊野大峰事

其の日は滝尻に著き給ひ、王子の御前に通夜し給ひ、後世をぞ祈り申れける。 彼の王子と申すは、本地は不空絹羂索、衆生利益の為とて、此の砌に垂跡し、当来慈尊の暁を待り給ふこそ貴けれ。

「熊野山略記」巻第二

一、新宮御殿奉納仮名書縁起云
[中略]
礼殿執金剛童子 本地弥勒菩薩 智証大師顕給、
湯峯金剛童子 虚空蔵菩薩 婆羅門僧正顕給、
発心門金剛童子 大白身観自在菩薩 簾乱神降伏躰也、
 此神ハ三山ニ各顕御ス者也、
湯河金剛童子 陀羅尼菩薩
石上新羅大明神 文殊 香勝大師垂迹、
 湯河石上二大明神者、新羅国神也、
地津湯金剛童子 精進波羅密菩薩
滝尻金剛童子 不空羂索 慈覚大師顕給
切目金剛童子 義真和尚顕給 十一面観音
藤代大悲心王童子 千手垂跡、
稲葉根 稲荷大明神 新宮 阿須賀一ツ垂迹也、
飛鳥大行事 大宮 大威徳明王 六頭六面六足 為魔縁降伏也

「大菩提山等縁起」

本宮礼殿執金剛童子(智証大師顕御躰也) 本地弥勒菩薩 右手三古取、印云々、左手開押、右足モクリ、赤色身也、
湯峯金剛童子(婆羅門僧正顕御躰) 虚空蔵菩薩垂跡 左蛇取、棒上、黄衣着、右手□取、
発心門金剛童子 大白身菩薩垂跡 左手三古印、右中指無明指甲トル、白衣着、
湯河金剛童子 多羅菩薩垂跡 左手三古取、右棒モツ、赤面色、紺衣着、
石上新羅国神(智証大師語言云々) 文殊垂跡 老大臣形 右手 ス尾取、スキエホシキタリ、
地津湯童子(安恵参顕御坐) 精進波羅密菩薩 青衣着 右手ハウツク、髪巻上形川立躰也、
滝尻童子(慈覚大師参顕給) 不空羂索垂跡 黄躰童子 右剣取、左手小児ササク
稲葉根 稲荷神形□青水干白袴着 左肩稲荷右手杖ツク、
切目金剛童子(義真和尚返了) 十一面垂跡 黒炎躰 右蓮花形棒取、左念珠モタリ、左足□右コフラヲフム、
藤代大悲心王子 千手垂跡 形童子ヒツラ、左右手取尾モツ、吉形也、

「両峯問答秘鈔」[LINK]

問云、九十九所内五体王子何哉。
答云、五体王子者、
第一之橿井(藤代也)王子(本地十一面)
第二切目王子(殊光童子云云黒炎体。本地十一面。義真和尚顕之)
第三稲葉根王子(稲荷明神。本地如意輪)
第四滝尻王子(本地不空羂索。慈覚大師参詣之時顕之)
第五発心門王子(本地大白身菩薩。福領僧正顕之)

「大和・紀伊 寺院神社大事典」

滝尻王子宮十郷神社

 和歌山県中辺路町栗栖川の南端部、石船川が富田川に合流する渓谷に面し、熊野街道中辺路に沿う。 旧村社。 古くは滝尻王子と呼ばれ、熊野九十九王子の一つで五体王子(熊野権現金剛蔵王宝殿造功日記)。 本地は不空羂索観音(正中3年以前の成立とされる「熊野縁起」仁和寺蔵)。 滝尻王子跡は県指定史跡。 滝尻は「為房卿記」永保元年(1081)10月2日条に「戌剋登滝尻之人宿」とみえるのが早く、「中右記」天仁2年(1109)10月23日条には、「天晴、(此暁不浴水)、未明出宿所、渡石田川十九度、(此間号賀茂里)、巳一点来着滝尻之前川上一町許、(中略)昼養了於向岸上祓、次参王子許奉幣如先、先攀登滝上坂、十五町許踏巌畔漸行登、已如立手」とあり、王子がすでに成立していたことが知られる。
[中略]
 この王子では垢離・奉幣・経供養・里神楽などが行われ、「吉記」承安四年(1174)9月30日条に「詣滝尻王子奉幣、経供養如例、社壇前有一巫女、雖可行里神楽、依無傍輩、以一人令舞之」、応永34年(1427)住心院僧正実意の記した「熊野詣日記」9月26日条に滝尻王子への奉幣と、「御神楽つねのことし」と記される。 鎌倉時代初期かそれ以前の成立とみられる「諸山縁起」に「御山の滝尻に付きてその水に洗ふ事、尤も大切なり。右の川は観音を念ずる水、左の水は病を除くクスリの水にして、阿閦仏の下より出づる水なり、罪業深重の者踏み渡る事、惣て山内の水・木は皆不死の薬なりと思ふべし」とあり、また前掲熊野縁起に「滝尻に水浴スル事ハ、右河ハ念観音浴。左河ハ念薬師可浴」「滝尻両方河ニ橋ヨリ上ルニハ千手浄土御坐。又丑寅ヨリ流タル河ニハ薬師浄土御坐ス。彼水ハ偏其浄刹ヨリ落智水ナリ。是以テ無始無終罪滅ス」と記され、当地で行う垢離の意義を説いている。
[中略]
明治41年(1908)栗栖川の各社を合祀して十郷神社と称したが、昭和21年(1946)各々旧社地へ移祀され、滝尻王子宮十郷神社となる。