手子后神社 茨城県神栖市波崎  
現在の祭神 手后比売命
本地 釈迦如来

「神道集」巻第五

春日大明神事

そもそも鹿嶋大明神は、常陸国に垂迹故、天神七代、国常立尊より、伊弉諾・伊弉冊尊の御代終りて、地神五代に荒振神達を鎮め、大小神祇在々に定りたまふ。 [中略]
奥御前は天明大神等なり。
六所明神は大龍神なり。
南八龍神は、本地は不動明王これなり。 この明王はこれ金剛手光明灌頂経に云、その時金剛手菩薩文殊師利に告げて言。 この不動尊は大威忿怒王、無辺功徳、勇健無辺なり。
[中略]
北八龍神は、本地は毘沙門天王これなり。 この天王をは、文句に云く、 毘沙門をはここには種々門と云ひ、また多門と云ふ。 水精山に居して、二鬼を領す。 羅刹と夜叉となり。
[中略]
そもそも鹿嶋三所は沼尾・酒戸並ふる。 沼尾は本地は薬師なり。 この仏はこれ像法転時の如来なり。
[中略]
これは明神の御弟なり。
酒戸は本地は地蔵菩薩なり。 この仏はこれ罪人に交わり、抜苦の偈を教へ、この如く方便利益広大なり。
[中略]
これは明神の御妹なり。
息洲三所は本地は釈迦・薬師・地蔵・不動・毘沙門等これなり。
手子后は本地は釈迦なり。 これ三世常住の如来、一代五時の教主なり