鳥出神社 三重県四日市市富田二丁目 式内社(伊勢国朝明郡 鳥出神社)
旧・県社
現在の祭神 日本武尊・事代主命
[配祀] 天照大御神・豊石窓神・櫛岩窓神・大鷦鷯天皇(仁徳天皇)・菅原道真・波邇夜須毘古神・波邇夜須毘売神・応神天皇・天児屋根命
本地 千手観音

「鳥出神社由緒記」

飛鳥大明神次聖武天皇、八幡大菩薩、春日大明神、熊野山大権現、大山大明神次山神已上七社御霊御宮山之内御座也。 亦曰、飛鳥大明神 天照皇大神籬之出現之御神也。 即御贄之羅神也。 日本羅神之始也。 霊地豊富之浦也。
天武天皇御宇号冨田御贄。 天照皇大神尾張中嶋宮、当国桑名野代。 天武天皇四年御鎮坐時当冨田之神社御贄奉捧。 天照皇大神所崇敬也。
亦朝明之御厨神也。 亦曰、海大神云。 亦網之神也。 是亦八大龍王之応現也。 故蓬莱不遠則冨充田舎依之飛鳥社同神也。 御神霊大己貴之御子事代主神也。 即本地飛瀧大菩薩千手観音也。 其霊仏像浜辺御座大漁守護神也。 亦冨田浦一色村有堂御本尊天平十四年八月十八日、自大海引上漁網是亦千手観音像也。 長八寸、所之氏子崇敬。