東照宮 愛知県名古屋市中区丸の内二丁目 旧・県社
現在の祭神 徳川家康
本地 薬師如来

「尾張名所図会」巻之一

東照宮御宮

御郭内の三の丸に御鎮座。 国祖源敬公、大僧正天海(号南海坊)を請待し給ひ、元和三年(己未)九年十七日、此御宮を創建し給ひて、中央に贈太政大臣正一位源朝臣家康公の御神像を安置し奉り、左に山王権現、右に日光権現を配享し給へり。
御本社(南向)・祭文殿・渡殿・中門・瑞籬・御供所・鐘楼・神輿殿・御宝蔵・御井・鳥居・楼門、何れも善美を尽し、或は朱粉丹青を施し、或は金銀銅鉄を鏤め、荘厳の美麗いふばかりなし。
御本地堂 薬師及び脇士・三菩薩・十二神将・四天王の像を安置す。
護摩堂 不動及び四天の木像・十二天の画像を安置す。
御神宝 御太刀三口、国行・正恒・宗近。又歌仙の色紙三十六枚は、青蓮院法親王の御筆なり。又牛玉一顆あり。 其外数多あれども枚挙に遑あらねばこゝに略す。