御霊神社 大阪市中央区淡路町四丁目 国史現在社(円神祠)
旧・府社
現在の祭神 瀬織津比売神(天照大神荒魂)・津布良彦神・津布良媛神
[配祀] 広幡八幡大神・源正霊神(鎌倉権五郎景政公霊)
本地 薬師如来

「摂津名所図会」巻之四(初版本)

御霊社

船場平野町の西、亀井町にあり。 天正年中亀井能登候の第この地にありて勧請しけるとなり。 莵布良神祠といふ
祭神 社説に曰く、中央、天照太神、左、八幡宮、右、鎌倉権五郎景政の霊を祭るとぞ ゆゑに世人、五郎祠とも呼ぶ。 例祭、六月十七日、神輿を大川筋より船にて下博労御旅所へわたす。 安永九年より始まる。 秋祭は九月二十七日なり。 社地市中なれば常に詣人多く。芝居・市店多し
神水 神籬の内にあり
宗源殿 本社の左にあり。天照大神を祭る
末社 朝吉祠・仁徳帝祠・唐崎祠・人丸祠・笑姿祠・稲荷・弁財天・天満宮・祇園祠・住吉祠・愛宕祠・荒神・歓喜天・猿田彦
莵布良祠 神前にあり
基治祠 菟布良に隣る
本地堂 薬師仏を安す
神楽所 本社の左にあり
観音堂 神楽所に隣る