釣姫神社 福井県小浜市松ヶ崎二丁目 旧・村社
現在の祭神 大日孁貴命
本地
津姫大明神薬師如来
若王子十一面観音

「若州管内社寺由緒記」

一 西津村津姫大明神、本地は薬師如来。 伝記には、二條院讃岐と云官女、田烏村之釣部浦より御上り被成に付、釣部大明神と申伝也。
[中略]
一 同村若王子、本地十一面観音也。 年数不知。 脇に帝釈堂有之。

「羽賀寺年中行事」

一 西津村津姫大明神者、本地薬師如来也、 伝記ニ日ク、二条院讃岐ト云女御[頼政子息伊豆守仲綱カ女子(*)]田烏村釣部浦ニ住居シテ薨ス、以後有異相之告、承安二壬辰六月十有五日ニ勧請当所為氏神、故ニ釣部大明神トモ俗ニ云リ、 従往昔依為別当職、羽賀寺法式等勤之、承安二ヨリ延宝八迄五百九年ニ成ル、
[中略]
一 同村若一王子(常ハ曰若王子)本地十一面観音尊也、 勧請之年数不知之、 往古ヨリ羽賀寺ノ別当所、 古キ棟札等ノ写在之
* 二条院讃岐は源頼政の娘、源仲綱の妹である。
明治41年、若宮神社(若王子)を釣姫神社に合祀