宇太水分神社 奈良県宇陀市榛原区下井足 式内論社(大和国宇陀郡 宇太水分神社[大 月次新嘗])
旧・県社
現在の祭神 天之水分神・国之水分神・天児屋根命
[配祀] 品陀和気命(応神天皇)
本地 観世音菩薩

「水分宮由来集」

昔天神七代之終、地神五代之始、 三体白龍駕一雲座、自空中天降、住高水分山、 上天時者生雨、故名水、 下地時者止雨、故名分、 三所者三体白龍、一龍化現俗躰、一龍化現女躰、一龍化現童躰、 大明神者和光同塵之通号也、惣号水分三所大明神、 高水分山本名平野山、以神明名改為山名、 又崇神天皇御宇九月廿一日、 自此平野山、乗龍馬到芳野中山、御影向之初在異香、故名芳野、 自彼中山乗白鷺到玉岳上宮、御影向之初雨大玉(如意宝珠)、故名玉岳上宮、 自彼上宮乗龍馬、坐檜生大河石上(三位児石)、濯御足時、大蟹出来、奉誤小指、依彼御祟郡内無之、御足跡・龍馬跡于今在石面、 大富勝子、臨流垂鉤、登大河瀬、親拝此体、進鉤魚、已御祭根本也、 又大河石上乗龍馬到田山下宮、御影向之初、於一夜中田変而成岳、故名田山下宮、 上自一人下至万民、以三大明神為一郡惣社而已、
先哲秘記
高水分山者三体一処本宮、三尊常住霊地、 林水分宮者芳野中山、王子権現大勢至菩薩、 上水分宮者西殿玉岳、俗体権現阿弥陀如来、 下水分宮者井谷田山、女体権現観世音菩薩