魚沼神社 新潟県小千谷市土川二丁目 式内論社(越後国魚沼郡 魚沼神社)
越後国二宮
旧・県社
現在の祭神 天香語山命
本地 阿弥陀如来

「日本の神々 8 北陸」

魚沼神社(藤田治雄)

 当社は永享九年(1437)奉納の鰐口に「弥彦南無大明神」、永禄五年(1562)の上杉輝虎寄進状に「上弥彦大明神」とあるように、近世の安永九年(1780)までは「弥彦」または「上弥彦」と呼ばれていた。 祭神は弥彦神社と同じく天香語山命とされているが、本地もまた同社と同じく阿弥陀如来で、かつての神宮寺池源寺に付属していた境内の阿弥陀堂にいまも安置されている。 ただし両社の関係を裏づける資料は弥彦神社のほうにはない。 なお、延徳三年(1491)銘の懸仏によれば、当社は「越後二之宮」を称していた。