若伊香保神社 群馬県渋川市有馬 国史現在社(若伊賀保神)
上野国五宮
旧・村社
現在の祭神 大名牟遅命・少彦名命
[合祀] 建御名方命
本地 千手観音

「神道集」巻第三

上野国九ヶ所大明神事

五の宮は若伊香保大明神と申す。 この本地は千手観音なり。

「神道集」巻第七

上野国第三宮伊香保大明神事

その後別当の夢の中、北の方はかの水沢寺へ御参詣有ければ、別当子細問はれかれば、我等は神明の形と成りにけり、この寺の鎮守と成らんと仰せられけると、思へば夢覚めぬ。 夜明けて後、枕の上を見たまへば、一の日記有り。
引き披て見たまへば、北の方は伊香保大明神と顕れ、御乳母の伊香保太夫は早尾大明神、太夫の女房は宿禰大明神。
御妹の有御前は御父の屋敷に顕れて、岩滝沢より北に、有御前とて今の代までも御在す。
御姉の石童御前は沢より南に立ち給ひ、石常明神と申す。
中将殿の姫君は都へ上らせ給れば、帝も崩御の後に国へ下せ給ひて後、母御前と倶に神と顕れて、若伊香保大明神と申す
夢の枕の日記に任せ、水沢寺の鎮守と崇めたてまつる。
[中略]
そもそも伊香保大明神とは、男体・女体御在す。
男体は伊香保の御湯を守護して、湯前にて御在す時は本地は薬師如来なり。
女体は里へ下らせ給ふとて、三宮渋河保に立たせ御在す。 本地は十一面なり。
宿禰・若伊香保の二所は倶に千手なり
早尾大明神は本地は聖観音なり。
有御前は本地は如意輪観音なり。
石垣明神は本地は馬頭観音なり。

「水沢寺之縁起」

別当の僧正夢みらく、北の方御堂に詣じ語つて曰く、我等は神と成る、此の寺の鎮守たるべし、 夜明け枕上を見下へと覚て、枕上を見れは一の巻物有り、 これを被覧するに、高光中将并びに北の方は伊香保大明神男躰女躰の両神なり、 有御前は護擁神(立有馬郷)、 石童御前は石津祢明神(立有馬郷)、 姫御前は推古帝崩御の後当国に下着し、弱伊香保明神と顕現はる(立水沢県)、 伊香保太夫は早尾大明神、 妻女は宿祢大明神、 皆これ水沢寺の鎮守なり、 御本地は、伊香保大明神男躰は薬師、 女体は十一面、 弱伊香保は千手、 有御前は聖観音、 石童御前は如意輪、 早尾は馬頭、 宿祢は千手なり云々。