『すごいけど変な人×13』
唐沢俊一(著)、ソルボンヌK子(漫画)
サンマーク出版, 2001.11
内容
  1. コナン・ドイル ―ホームズ嫌いで心霊好きな小説家―
  2. 北大路魯山人 ―超わがままで食いしん坊の陶芸家―
  3. 宮武外骨 ―元祖サブカル収集家の反骨ジャーナリスト―
  4. 快楽亭ブラック ―「ヘンな外人」第一号、明治の落語家―
  5. ウィルヘルム・ライヒ ―トンデモ・エネルギーを発見した精神分析学者―
  6. 岡本かの子 ―文学はバクハツだ! 家族を熱愛した女流作家―
  7. 近衛文麿 ―大事なところで弱腰続きの総理大臣―
  8. ジョージ・アダムスキー ―空飛ぶトンデモUFO学者―
  9. 長谷川海太郎 ―天才三人分! 大量生産の流行作家―
  10. 白鳥由栄 ―脱獄四度で名を馳せた殺人鬼―
  11. エド・ウッド ―才能のなかった天才(?)映画監督―
  12. 力道山 ―私生活でもリングの上でも空手チョップのプロレスラー―
  13. 岸田森 ―蝶が大好き、超個性派俳優―

[PREV] [NEXT]