『神道集』の神々

第十五 武蔵六所大明神事

一宮は小野大明神、本地は文殊菩薩である。
二宮は小河大明神、本地は薬師如来である。
三宮は火河大明神、本地は観音菩薩である。
四宮は秩父大菩薩、本地は毘沙門天王である。
五宮は金鑽大明神、本地は弥勒菩薩である。
六宮は椙山大明神、本地は大聖不動明王である。
河越十八所権現大明神は、以上の六所に山王七社・八幡三所・物部大明神(本地は釈迦如来)・飽満大明神(本地は阿弥陀如来)である。

武蔵六所大明神

大国魂神社(東京都府中市宮町三丁目)
主祭神は大国魂大神で、御霊大神・国内諸神・小野大神・小河大神・氷川大神・秩父大神・金佐奈大神・杉山大神を配祀。
旧・官幣小社。

『武蔵国総社六所宮縁起并社伝』によると、景行天皇四十一年[111]五月五日に神が示現し、「吾は是大国魂の大神也。祠を茲に立て能く吾を祭れ」と告げた。 郷民はこの神宣に従って神籬を建て、大国魂神社と号した。 また、相殿五神(伊弉諾尊・素戔鳴尊・瓊瓊杵尊・布留大神・大宮売命)を配祀して六所神社と号した。

『新編武蔵風土記稿』[LINK]によると、六所社(大国魂神社)は景行天皇の御宇に大己貴尊が小川郷小野里に降臨し、里人が祠を建てて祀ったものである。 成務天皇の御宇[131-190]に、兄多毛比尊が武蔵国造として此の地に来て、素盞鳴尊等の五神を配祀し、社殿を建てて六所宮と号した。 当社に祀る六神とは、中殿に祀る素盞鳴命・大己貴尊・布留大神と、西殿に祀る瓊々杵尊・伊弉冉尊・大宮女命である。 この他、東殿に瀬織津比咩・天下春命・倉稲魂大神を祀る。
垂迹本地
中殿大国魂大神釈迦如来
御霊大神地蔵菩薩
国内諸神聖観音
東殿小野大神文殊菩薩
小河大神薬師如来
氷川大神十一面観音
西殿秩父大神毘沙門天
金佐奈大神弥勒菩薩
杉山大神不動明王
参考文献『武蔵総社誌』

小野大明神

小野神社(東京都多摩市一ノ宮一丁目)
祭神は天下春命。
式内論社(武蔵国多摩郡 小野神社)。 旧・郷社。

『新編武蔵風土記稿』[LINK]によると、一ノ宮明神社(小野神社)は安寧天皇の御宇[B.C.548-B.C.511]の鎮座で、祭神は武蔵国の国造恵多毛比命の祖の天下春命である。 また、本地堂には獅子に乗った文殊菩薩の木像(長六寸)を安置していた。

小河大明神

二宮神社(東京都あきる野市二宮)
祭神は国常立尊。
旧・郷社。

創建年代は不明。 多西郡小河郷の鎮守。
深大寺住僧長弁の『私案抄』によると、二宮神社は「当国六所随一、本地薬師如来之応跡」である。

昭和四十七年[1972]の二宮神社発掘調査で、小河大明神の御正体と思われる金銅製薬師如来立像が出土した。

火河大明神

氷川神社(埼玉県さいたま市大宮区高鼻町四丁目)
祭神は須佐之男命・稲田姫命・大己貴命。
式内社(武蔵国足立郡 氷川神社名神大 月次新嘗)。 旧・官幣大社。
史料上の初見は『新抄格勅符抄』大同元年[806]牒の「氷川神 三戸 武蔵国 神護二年[766]七月廿四日符」。

社伝によると、孝昭天皇三年[B.C.473]の創祀。
『新編武蔵風土記稿』[LINK]によると、孝昭天皇の勅願として出雲国斐伊川の川上に鎮座する杵築大社を勧請したので、氷川神社の社号を賜わった。

『先代旧事本紀』(国造本紀))[LINK]には、志賀高穴穂朝[成務天皇]御宇[131-190]に出雲臣祖の二井之宇迦諸忍之神狭命の十世孫である兄多毛比命が无邪志(武蔵)国造に定められたとあり、この際に出雲から勧請されたという説もある。

室町時代以降、当社を武蔵国一宮とする説が有力となり、武蔵国内で広く崇敬された。

秩父大菩薩

秩父神社(埼玉県秩父市番場町)
祭神は八意思兼命・知知夫彦命・天之御中主神で、秩父宮雍仁親王を合祀。
式内社(武蔵国秩父郡 秩父神社)。 旧・国幣小社。
史料上の初見は『日本三代実録』(貞観四年[862]七月二十一日戊子)の「授武蔵国正五位下勲七等秩父神正五位上」。

『先代旧事本紀』(国造本紀)[LINK]には、瑞籬朝[崇神天皇]御代[B.C.97-B.C.30]に八意思兼命の十世孫である知知夫彦命が知知夫(秩父)国造に定められて大神を拝祠したとあり、これを以て秩父神社の創祀とする。

『新編武蔵風土記稿』[LINK]によると、妙見社(秩父神社)は人皇四十代天武天皇白鳳四年[675]の鎮座で、祭神は秩父国国造の祖知々夫彦命とも、大己貴尊とも云う。
また、「天慶年中平高望の五男、村岡五郎良文常陸の国香、下野国染谷川の辺にて、平将門と合戦の時、国香が加勢としてはせ向ひ、難なく将門を追退けし頃奇瑞有し故、良文里老を招て此辺に霊験の神社ありやと問ひければ、里老答て上野国群馬郡花園村に、妙見菩薩の霊場ありと云、夫より良文同国緑野郡平井へ赴き、秩父へ居を移しせし時、彼花園の妙見を当地へ勧請し」とあるように、秩父平氏の奉斎する妙見大菩薩を合祀し、秩父大宮妙見宮として広く崇敬された(神仏分離後は妙見大菩薩に替えて天之御中主神を祀る)。

金鑽大明神

金鑽神社(埼玉県児玉郡神川村二宮)
祭神は天照大神・素盞嗚尊で、日本武尊を配祀する。
式内社(武蔵国児玉郡 金佐奈神社名神大)。 旧・官幣中社。
史料上の初見は『日本三代実録』(貞観四年六月四日辛丑)の「武蔵国正六位上金佐奈神列於官社」。

金鑽神社は本殿を設けず、御室ヶ嶽を神体山として祀る。
『金鑽神社鎮座之由来記』によると、景行天皇四十一年[111]、日本武尊が東征の際、東国鎮護のため、倭姫命から草薙剣と共に賜った火鑽金(火打金)を御霊代として天照大神と素戔嗚尊を奉斎し、関東総鎮守として崇敬した。 その後、欽明天皇二年[541]に日本武尊の勲功を讃え、金鑽神社に配祀した。

『新編武蔵風土記稿』[LINK]によると、祭神は金山彦尊または素盞嗚尊である。 三仏堂には阿弥陀・釈迦・薬師を安置し、聖徳太子作の薬師如来像を金鑚明神の本地仏とする。

なお、氷川神社を武蔵国一宮とする場合、二宮は金鑽神社となる。

椙山大明神

杉山神社(神奈川県横浜市緑区西八朔町)
祭神は五十猛命。
式内論社(武蔵国都筑郡 杉山神社)。 旧・郷社。
史料上の初見は『続日本後紀』(承和五年[838]二月庚戌)の「武蔵国都筑郡枌山神社預之官幣以霊験也」であるが、この枌山神社が現在の何れの杉山神社(西八朔、吉田、茅ヶ崎、大棚、下星川、戸部、鶴見など)に該当するか定かでない。

『新編武蔵風土記稿』[LINK] によると、西八朔村の杉山社の御神体は不動明王の立像(長一尺)である。

河越十八所権現大明神・物部大明神・飽満大明神

不詳。