当時話題になっていた「鍵っ子」を題材にした映画が『ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃』(1969)。特撮は旧作の使い回しが多いし、新怪獣ガバラは今一つだし(イジメっ子ですから)、怪獣映画としての評価は決して高くないのですが。 https://t.co/iytTdPeNmC

— k.hisadome (@HisadomeK) 2016年8月19日

@HisadomeK 以前も書いたのですが、当時は子供心にも「子供騙しだな」と思いました。でも、大人になってから観返すと、当時の空気を伝えているんですよね。何より「発明おじさん」(善人役の天本英世氏)の姿が見られるのが嬉しい。

— k.hisadome (@HisadomeK) 2016年8月19日