私は戦前の伝奇時代小説を国枝史郎から読み始めたので、角田喜久雄の文章もスンナリ読めたのですが、若い人に薦めるなら戦後の水木半九郎物の方が文章が読み易いかなあ。特に『半九郎闇日記』は戦前の『髑髏銭』等に匹敵する面白さだと思うので。 https://t.co/z0VDN87jCf

— k.hisadome (@HisadomeK) 2016年9月23日