『天界の眼 切れ者キューゲルの冒険』を買ったら、<ドーキー・アーカイヴ>刊行記念対談の小冊子が付いてきました。同叢書のラインナップに、なんとチャールズ・ウィリアムズ『ライオンの場所』が! ジョン・メトカーフの短編集『煙をあげる脚』も楽しみです。

— k.hisadome (@HisadomeK) 2016年12月4日

対談の横山氏の発言によると「四十年近く前にある出版社でチャールズ・ウィリアムズ選集という企画が、奇蹟のごとくいったん通った」との事。
『ライオンの場所』が売れて、『天上の戦い』や『多次元』の邦訳も出ると嬉しいのですが。

— k.hisadome (@HisadomeK) 2016年12月4日