私がそのような風習が存在する事を知ったのは、小林信彦氏の『唐獅子源氏物語』で須磨組大親分の屋敷で節分の夜に巻き寿司を食べている場面を読んだのが最初でした。「うなずきマーチ」、人生幸朗氏の死去、阪神の源五郎丸選手の怪我などに言及されているから、1982年の節分でしょう。 https://t.co/0k977XcVYk

— k.hisadome (@HisadomeK) 2017年2月4日

『唐獅子源氏物語』は単行本も新潮文庫版も『唐獅子株式会社』とは別の本だが……と思っていたら、フリースタイル《小林信彦コレクション》の『唐獅子株式会社』はシリーズ全作を収録した完全版らしい。 https://t.co/P3VXmHbpbv

— k.hisadome (@HisadomeK) 2017年2月4日