古くは国枝史郎が『恐怖街』(1939)の中でバークスの「クルダの索道」(Kurda’s Corridor)を邦訳していますね。
私が最初に読んだのは大瀧啓裕氏の『悪魔の夢 天使の溜息』(1980)に収録された「影のつどう部屋」(The Room of Shadows)でした。 https://t.co/uzMNSrL4Uh

— k.hisadome (@HisadomeK) 2017年2月6日